カテゴリー「音楽」の1件の記事

2010年3月 8日 (月)

私の見たオペラ (欧州編)

たまたまネットサーフィンしていて、H A R L E K I N b l o g というブログを発見。

harlekinさんは、足立区の荒川沿いに住んでおられて、自転車がお好きだとのこと。

偶然にも、音楽関連の記事を公開なさっていた。

  私の見たオペラ(1992年〜93年2月)

という記事をみると、私が友人とオペラに行った時期と重なっていました。

Photo

                                                                                                       .

本棚から探し出してきた、私の記録によると、私の鑑賞記録は以下のとおり。

                                                     .

1992/12/14
ベルリン・コーミシェ
ワーグナー 歌劇「リエンチ」

12/15
ハンブルク
ワーグナー 歌劇「さまよえるオランダ人」
エスエス、コネル

12/16
ミュンヘン
カバリエ Liederabend

12/17
ミュンヘン
マゼール指揮 マーラー交響曲第1番

12/18
ボローニャ
ワーグナー 楽劇「神々の黄昏」
シャイー、イェルサレム、サルミネン

12/19
フィレンチェ・ベルディ劇場
ヘンデル 「メサイア」
メータ

12/21
ミラノ スカラ座
モーツァルト、サンサーンス

12/22
ミラノ スカラ座
ベルディ 歌劇「ドン・カルロ」
ムーティ、パバロッチ

12/25
ウィーン国立
モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」

12/26
ウィーン国立
ワーグナー 楽劇「ワルキューレ」
ドミンゴ

12/31
バイエルン州立
大晦日コンサート
ディースカウが「皇帝と船大工」を歌い、後日引退表明。最終公演となった。

1993/1/3
ミュンヘン ゲルトナープラッツ劇場
ワーグナー 歌劇「妖精」

                                                     .

こうしてみると、H A R L E K I N b l o g のかたとは、12/18のボローニャが重なっています。

また私が12/26に見たウィーンのワルキューレは、12/19にご覧になっておられるようです。

                                                                                                               .

それにしても、ビックリしました。

全く面識のないかたですが、17年も前にイタリアの小都市で同じオペラを見ていたとことが、

ふと事実として浮かび上がる、とうのがインターネットの面白いところですね。

                                                                                                               .

そういえば、私とオペラ巡りをしていた友人は、そのままドイツに住み込んでしまい、

今ではちょっと有名な音楽評論家として、クラシック愛好者向けの雑誌に評論を毎月書いています。。。

うーん、あの頃の変人な友人の中で平凡なサラリーマンになってしまったのは、

自分だけのようです、、ヾ(*゚A`)ノ

無料ブログはココログ