カテゴリー「アメリカです!」の27件の記事

2017年5月28日 (日)

アレキサンドリアへ!

今日はメモリアルデー。米国の祝日です。

バージニアのアーリントンで慰霊祭が行われました。自宅から「すぐそこ」なので自転車で行ってみました。

ワシントンDCのリンカーン記念堂からまっすぐに延びる橋でポトマック川を渡ります。

Dsc00577_512

はい、アーリントン墓地はすぐそこです。

先ほどまで大統領が献花とスピーチしていたところ。

お参りのご遺族の方々も多いので私は中に入らず、この先を進むことにします。

Dsc00580_512_2

ポトマック川右岸を南下していくと、ロナルド・リーガン空港のすぐ横(前?)を通ります。

2分おきに離陸していく飛行機airplaneをパチリcamera

Dsc00620_512

アレキサンドリアは独立前からの古い港町。

港湾と内陸を結ぶ貨物鉄道は今はオブジェ化しています。

Dsc00610_512

シティホール。市役所?

Dsc00591_512

米国の戦前の民家は木の板張りなんですよね。今日はメモリアルデーなので星条旗をあちこちに見かけます(普段もそれなりに掲げてあります)。

最近の豪邸は木の壁に化粧レンガを張っています。

Dsc00601_512

アレキサンドアの街は自転車では10分くらいで回れます。

オシャレな店に単独で入りにくいので、街並みをさらっと見てからすぐ帰路につきます。

Dsc00625_512

写真には写っていませんが、ランナーや家族連れサイクリストが非常に多いトレイルです。ロードで気合い入れて走る道ではありませんが、往復3-4時間程度のんびりするには気持い、バージニアのそよ風でした。

2017年3月27日 (月)

さくらさくらさくら

早くも桜のシーズンがやってまいりました。

自宅近くの桜の名所、去年は絶好調でしたが、今年は開花直前の寒波で弱々しいようです。

とりあえず週末晴れたので行ってみると、、

1_500

ちょうど満開のようです (o^-^o)

2_500

↑ 今年の桜は寒波のため全滅という噂もあったのでガラガラです

↓ 確かに去年に比べると花の数が半分くらいかも

1jpg_4_512

しかし大邸宅の並ぶケンウッドの街並み、桜と調和していますね。

3_500

4_500

5_500

このあとキャピトル・クレシェンド・トレイルを下って30分でワシントン中心へ。

気温は25度近くなり、夏ジャージでもかなり暑いです。

6_500

7_500

有名なポトマックの桜は今年も元気に咲いていました。

 開花日×天候×曜日配列

の3つが整わないと楽しめないcherryblossom鑑賞。今年は「まずまず」と言ったところでしょうか。

2017年1月16日 (月)

2017初乗り

あけましておめでとうございます。

2017年になって、ようやく自転車に乗ることができました。

いつものチェサピーク・オハイオ運河です。もう見飽きましたね(^-^;

Img_0978_500

昨日の雨でポトマック川は水量が増えていました ↑

トレイルは水たまりだらけですが、4インチのファットバイクならへっちゃらです↓

Img_0980_500

グレートフォールズ滝には自転車で近づけないので、付近の休憩所で折返し。

Img_0981_500

冬は気温が零度程度と、体力的に走りやすいですし、木々の葉も落ちて、景色は見やすいです。

Img_0983_500

今年も走行距離は稼げそうにありません。

なるだけ日本に帰国して荒川を走ろうと思いますhappy01

2016年11月27日 (日)

晩秋のチェサピーク・オハイオ運河

サンクスギビングデーの4連休の最終日。快晴ですsun 気温は零度。

自宅から15kmのグレートフォールズまでファットバイクで出撃してみます。

途中の住宅地で見つけた紅葉 maplemaplemaple

Img_9874_512

真っ赤ですね(゚▽゚*) 上の写真の小屋みたいのは「自由にお読みください」の本です。

Img_9871_512

住宅街を抜けて運河に出ます。

寒いせいか、人が少ないです。

晩秋でもう葉が落ちてますね。

Img_9887_512

この運河は柵がないので、よそ見して落ちないようにしましょう。

Img_9885_512

ポトマック川の崖には柵があります。見晴らしもサイコー(◎´∀`)ノ

Img_9879_512

グレート・フォールズは自転車立ち入り禁止なので、近くの休憩場へ。

気温は低いけどポカポカ陽気が気持ちいい。

Img_9880_512

グレート・フォールズのタバーン(旅籠屋)は、現在、国立公園の管理センターになっています。

Img_9882_512

寒い冬に身近なフィットネスな感じで走るファットバイクです。

足立区から荒川河口まで往復するくらいの距離感。

雄大な景色もグッドgoodですね。

あー自転車って楽しいなぁ

キャビン・ジョン・トレイル

寒くなったらロードバイクはツライので、低速ファットバイクで。

毎週キャビン・ジョンに来ています。

Img_9853_512

小川沿いの適度なアップダウン。

厳しい坂はありません。

それでも数キロ走ると汗をかくのです。

Img_9852_512

岩や根がありますが、階段がなく、自転車で走りやすいのがこのトレイルの良いところです。

Img_9855_512

Img_9856_512

川に浸食されて道が削られているところとかも何か所かあります。

山道なんだから、こんなスリルを楽しむのもいいですよー happy01

2016年10月31日 (月)

メリーランドの秋

10月末なんですが突然暑くなりました。

最低気温15度、最高気温25度。夏ジャージで出陣です。

家から20分くらいでこんな森の中です。

Dsc01853_512

森と住宅地が交互に入れ替わります。紅葉のカエデは人工なんですね。

Dsc01864_512

Dsc01870_512

アメリカの家庭用郵便受けは交差点にポツンとあります。おうちがどこにあるのかわからない。郵便物を確認するためにクルマで移動する必要があります。。

Dsc01876_512

では、住宅地の一般家庭を何軒かご紹介しましょう。。

Dsc01891_512

入り口から遠いですね、、

Dsc01897_512

部屋が多くてお掃除が大変そうですね、、

Dsc01898_512

あれこれ観ながら60km。

メリーランドは高い山がないので身近な紅葉狩りしかできません。

あと、日本のような豊かな植生分布がないので、ちょっと単調ですね。

Dsc01934_512

2016年10月21日 (金)

トレイルを鹿が横切った!

紅葉がキレイなので自転車通勤にSONYのアクションカメラを装備していったのですが、目の前を鹿が横切りました。 でも、、動画はあんまりキレイじゃなかった。小さくてよくわかりませんね。。(^-^;

動画はこちら

2016年10月16日 (日)

ワシントン アンド オールドドミニオン 走破

隣のバージニア州にある鉄道廃線跡のトレイル「ワシントン&オールドドミニオン」。今年になって断片的に走っているのですけど、今日は快晴だったので、全線踏破することにしました。

メリーランドの自宅から終点まで往復170km。朝9時半に出て帰宅したのは夕方5時半でした。

実はアメリカで100km超を走ったのは今日が初めてです!

15_1

1968年まで走っていた Washinton & Old Dominion 鉄道。

Wodmap__512

インターネット界隈なら有名なRestonなどを通過する丘陵の道です。

Wod_512

道は結構直線が続いていまして、ずっと住宅地を縫っています。

日本と違うのは自転車道沿いに木々が生い茂っているので、景色が「つまらない」ことかな。。

15_2

少し紅葉が進めばキレイ。かな?

Dsc01723_512

元Viena駅にある車掌車。ヨーロッパのウィーンとは関係なくて、ニューヨークのビエナ出身の人が移住したからとか。

15_3

昔の駅舎は今の街からは離れているけど、今ではイベント広場として使われています。

Dsc01733_512

アメリカ人がたくさんいるところでモノを買うのはいろいろ面倒(高くて大きくてマズイ)なので、自転車道から見えたセブンイレブンで菓子パンを買ってランチにしました。

15_6

ほんの一瞬だけ視界が広がりました。本当はずっとこんなところを走ってみたい。

15_11

100年前の古い駅舎が牧場の干し草置き場になっていました。

Dsc01793_512

15_9

Dsc01787_512

終点のパーセルビル。200年前にパーセルさんが郵便局を開いた場所とか。海岸から内陸に向かう交通の要衝だったようですが、今では静かな数千人の村です。日本でいえば江戸時代、街道好きな私はこういう土地が好きなんですheart04

15_10

トイレだけ寄って、すぐ帰還します。でも帰りは向かい風でヘトヘト。

ハーンドン旧駅前のこの白い古い建物は、サイクルプロショップなんです。

15_17

15_14

おもしろいことに、自転車屋さんで珈琲とか甘いものとか売ってるのです。

私はパイナップルスムージーをチョイスo(*^▽^*)o

15_15

久しぶりの100マイルライドに陽も傾いてきました。

Dsc01827_512

ところで、トレイル沿いにはビール醸造所やワイナリーがたくさんあって、大勢の自転車乗りが宴会を楽しんでいました。

調べてみるとトレイルガイドにも飲酒ローディが。

アメリカはお酒beer飲んで自転車bicycle乗ってるんですねーーBiking_group_at_old_ox_brewery__512

続きを読む "ワシントン アンド オールドドミニオン 走破" »

2016年8月16日 (火)

ゴールデンゲート・ブリッジ制覇!

東海岸のワシントンDCから西海外のサンフランシスコまで、アムトラックの大陸横断特急で旅してきました。せっかくですからサンフランシスコを見物しましょう。

ところが、寒い!8月なのに寒いんです。最高気温が18度!36度だったワシントンDCが懐かしく思えるほどです。とりあえず、娘には厚手の服を買ってやり、ホテルの前の練らサイクルに行きました。

1_512

フリーと書いてありますが、一台一日32ドルです。

街中にレンタサイクルがあふれており、ロードバイクやタンデムを置くショップもあるようですが、まあいいや。。

2_512

街のなかは交通も多いし、路面電車の軌道も自転車には危険です。とりあえず、海辺を西に進めば自転車道が整備されています。舗装されている自転車道から外れると、ヨットハーバーや未舗装の砂浜もあり、ちょっとしたアドベンチャーです(*^-^)

3_512

4_512

なかなか異国情緒。

5_512

ふもとまで来たら橋の上まで坂を登るわけです。

坂の途中で写真が撮れなかったので、グーグルストリートビューから拝借downwardleft ゴールデンゲートを目前にした見事な自転車道です。

6_512

渡り始めると、意外と狭いです。歩行者が写真を撮るなかで自転車が双方向で行き交います。お台場のレインボーブリッジより危険なのに、ビンディングのロードバイクや二人乗りのタンデム自転車がビュンビュン通り抜けていきます。訴訟社会アメリカで大丈夫なんでしょうかsign02

7_512

橋の真中まで来ると反対側の橋脚が見えてくるんですが、てっぺんは霧の中です。

8_512

幻想的すぎる(≧∇≦) しかも風が寒すぎる(。>0<。)

9_512

反対側に着いてちょっと迷いますが、高速道路をくぐる車道を潔く突き抜けていくと15%くらいの急な坂にたどり着きます。子供がいるので私たちは押して登ることにしました。こちらのドライバーは自転車に優しいのでそっと避けてくれますヨ。

10_512

展望台からみたゴールデンブリッジとサンフランシスコの街scissors こんな幻想的な景色を家族サイクリングできるなんて幸せですshine

11_512

帰りは橋を降りたところにある公園管理事務所でサンドウィッチを買って、海峡を見ながら素敵なランチ(v^ー゜)ヤッタネ!!

12_512

夏休みのサイクリング、とっても堪能しましたヨ happy01

2016年8月 1日 (月)

ポトマック丘陵サイクリング

夕方までrain降らないというので郊外サイクリングに出かけました。

家の近くの幹線道路 River Roadを西に進むと次第に緑が広がり、牧場や畑が目立ってきます。開拓時代からの古い道路なんですが、アメリカは拡張時に旧道を潰してしまうので残念です。

と思っていたら、初めて "Old River Road"という旧道を見つけました。長さは200mくらいしか残っていませんでしたが。

Dsc01403_512

旧道には "Poolの百貨店"がありました。100年前から続いていて、この郡(カウンティ)ではもっとも古い現存店舗だそうです。逆に言うとそれより古いものはガンガン壊しちゃったということですが。

Dsc01405_512

短い旧道を終えて、River Roadから農道に曲がってみました。

のどかな渓谷にかかる橋が風情があります。

Dsc01422_512

農家の入り口。屋敷が見えませんね(^-^;

Dsc01415_512

メリーランドは道路がほとんど木々に覆われていて、自然豊かといえばそうなんですが、景色が変化なくてとってもつまらないのです。

たまに牧場や畑の光景を見ると、心も晴れ晴れsunした気持ちになります。

Dsc01436_512

1時間半くらい走ってきたのでそろそろ折返し。

古い民家を見かけました。もう誰も住んでいないと思いますが、ちょっと不安です。。

Dsc01458_512

牧場の中を進む道には水たまりがあり、花も咲いていました(o^-^o)

Dsc01476_512

この辺は馬が多いですhorsehorsehorsehorsehorse 白い馬もいました。

Dsc01494_512

アップダウン激しい道を3時間走って70kmほど。

アメリカに来てからは、走行距離がとっても減ってしまいました(;д;)