カテゴリー「旅情」の33件の記事

2019年9月 8日 (日)

猛暑だけど旅情の奥久慈パノラマライン

夏の青春18きっぷを消化すべく、早朝の常磐線に乗り込みました。

常磐線長距離列車の始発は我孫子発、高萩行きです。都内からは快速電車で乗り換えることになります。

終点に近い日立駅で始発特急に抜かれますので、言い換えると特急も普通列車もほぼ同着ということになります。

Dsc02368_800Image1_800

日立や高萩ですと街から出るのも面倒ですので、十王という駅から出発することにしました。

もちろん駅の近くにセブンイレブンがあることは確認済みです。

Dsc02242_800

今日は南北に走る山脈を何本か超えていきますが、77kmで獲得1500mですから、たいしたことはありません。

むしろ予想気温35度のほうがつらいです。もう9月なのに。少し暑いですが、とりあえず9時にコンビニを出発します。

Dsc02245_800

くるまの少ない県道60号を登っていくと十王ダムという小さなダムです。

Dsc02248_800

途中の小さな盆地で見かけた、米国東海岸風の民家。白い板壁、緑の屋根、そして出窓。

Dsc02259_800

峠を登っておりて、秘境国道で有名な国道349号を右折。驚いたことにトラックとか走っていますが、すぐ道の駅さとみです。

20年ぶりに来ました。こんなに小さな道の駅とは思っていませんでした。

蕎麦屋はまだ開いていないので、この先に進みます。

Dsc02272_800

国道から左にそれる旧道を入ると、折原宿という街並みです。

Dsc02285_800

次の秘境国道461号は左折です。この看板がいいなあ。

Dsc02288_800

国道461号は細い林道を国道指定した酷道として有名ですが、もともと拡張する予定があるんですね。高倉向かう道は激坂のウネウネですが、きれいなトンネルをまさに建設中です。旧道も車がそんなに多くないのでサイクリングにはぴったりです。

Dsc02291_800

峠を越えて高倉宿を左折すると竜神大吊橋です。

有名な激坂をぐいぐい上りました。でもお腹が減ってきた。

Dsc02307_800

11:30になったので、大橋に近い民家の蕎麦屋に入りました。天ぷらそば、大盛、1000円です。

夏だけど、常陸名物の手打ちそばおいしかったです。天ぷらも絶妙。そして、この農家の手作りこんにゃくも最高でした。プリンを柔らかくしたような触感です。

Dsc02316_800

天下野町の古い宿場。東金砂神社の入り口のようです。こどものころテレビで見た記憶がありますが、西金砂神社と対になっていて、祭りが72年おきという稀な長い周期の奇祭なのです。涼しくなったらお参りしてみましょう。

Dsc02320_800

西染集落のセイコーマート(本日途中で見た唯一のコンビニ)で県道36号を右折。またまた狭い道で大丈夫かな感があるけど、慣れてきました。

ちょっとした峠を越えたら、たくさんの県道が集まる巨大交差点。自販機でコーラを買います。しかし大自然に囲まれた集落なのに、車が少なくて心配です。暑いからかな。。。

Dsc02338_800

もう収穫は進んでいるみたいですね。

Dsc02348_800

県道29号を進むと那珂川の山方宿に着くのですが、手前の県道249号を右折して奥久慈パノラマラインを目指します。普通のひとは山方宿駅からスタートするらしいですね。。

Dsc02360_800

さすがに景色はいいですし、ふだんならこんな激坂も大したことはないのですが、今日は暑い!

途中でiPhoneが「猛暑のため運動禁止!」という警報を出してきましたし、あと、この奥久慈パノラマラインってアップダウンが多いくせに、低いところから下に降りる道が整備されていないんですね。つまりエスケープできないんです。

Dsc02364_800

もう水もなくなってきたし、もうクタクタになってきました。Dsc02375_800

袋田まであと数キロのところでエスケープする道を発見し、国道118号へ。ここは何度も通っていますが、トレーラーが怖いので歩道を進みました。

Dsc02376_800

袋田バイパス分岐近くに「関所の湯」というのを発見して、さっそく休憩。

今日は日帰り公衆温泉を10個くらい見ましたね。もちろん着替えとお風呂グッズを持参していますからね今日は。。。

Dsc02377_800

露天風呂を満喫して(さっきまで自転車漕いでた猛暑の森の空気ですが)、アイスを食べて、40分で出発。っていっても5分でJR袋田駅です。

Dsc02378_800

4両編成の快適な気動車で水戸までスイスイ。そこから上野行の列車でトコトコ。

2019年の夏の18切符は、奥久慈の蕎麦と温泉と豊かな自然で終了しました。

2019年7月22日 (月)

初めての飛行機輪行

7月には3連休があります。

余ったマイレージの使い道がないので、飛行機輪行に挑戦することにしました。

せっかくの飛行機なので宮崎とか鹿児島とか宮古島とかに行ってみたいけど、

今年の梅雨はいつあけるのか全くわかりません。

雨に備えて、山口県の山口宇部空港に入り、山陰線の線路沿いにエスケープできるルートを選択しました。

ロードバイクの輪行もまだ心配なので、ブロンプトンで初挑戦です。

 7月13日の17:40羽田発なんですけど、朝の天気予報だと山口県には大きな雨雲が近づいています。。。

20190713-1_640

自宅から羽田空港に行くには最寄駅から電車で行けばいいのですが、乗換が大変です。

荒川CRに出て北千住駅から空港バスに乗るか、京成線四ツ木駅から羽田空港駅行きに乗るか。

ってことで、荒川CRをルンルン南下することにしました。

そしたら千住付近で葛西臨海公園サイクリングから帰ってきたHさんとすれ違い。インドのお菓子をいただきました✨

20190713-2_640

四ツ木駅は荒川から中川を渡るとスグなんですよ。駅はキャプテン翼で覆われていました。

20190713-3_640

羽田空港までは直通電車で1時間弱。楽ちんです。

でも空港に着いたらどうすればいいかよくわからず。長いエスカレーターをのぼって、右か左の奥にあるANAの大型手荷物カウンターに預ければいいようです。「自転車ですね」「13キロですね」「免責サインお願いします」で終わりでした。

20190713-6_640

空港でお腹がすいたので、インドのお菓子を頂きました。

20190713-9_640

久しぶりの国内線、ANAではなくてスカイなんとかという飛行機でした。

20190713-12_640

1時間20分で着いた山口宇部空港はとても小さく、扉を出たらする手荷物コンベアー。

自転車は横の非常口から台車に乗って立てたままでてきました。

空港からは宇部新川駅前の旅館(¥4500)までは乗り合いバスです。

20190713-15_640

バスの床下に倉庫が無い「低床バス」で焦っちゃいましたが、乗客が少ないのと、自転車が小さいので、どうにか車内に持ち込んじゃいました。

それにしても、ブロンプトンは13キロもあるんですけど、肩にかけられる大きな輪行袋を使ってみたところ、体の負担が軽くて、とてもよかったです。

20190713-16_640

旅館は部屋が大きいけど、タバコくさかったです。

20190713-19_640

そのあとは近くの飲み屋街で山口に特化した夕食を堪能しました。

20190713-25_640

夜になったら雨が強くなってきたので、東京から持参してきた折りたたみ傘が重宝しました。

20190713-30_640

明日以降の天気が心配ですが、列車は8時過ぎなので、ゆっくり眠ることにします。

2019年6月 9日 (日)

佐渡ライドその3

佐渡ライド3日目。 (前回はこちら)

まず最初に、クルマで重要文化財「妙宣寺五重塔 」へ。1825年建立。

瓦が薄いので屋根が軽く、細い五重塔を実現したのですね。

0603-8_640

次に佐渡国分寺。佐渡は歴史ある土地なので、いろいろな歴史があるようです。

0603-34_640

想像以上に山深い峠道を越えて、南岸の赤泊にデポします。

0603-37_640

小佐渡の南岸は坂がほとんど無いので快適です。

0603-46_640 

あっという間に小木港へ。乗ってみたいけど怖いので樽船は回避します。

地図を見ると、国道350号線はここから新潟県本土に渡るようです。

0603-54_640_1

少しアップダウンを進むと民族博物館。海運で栄えた時代の復元廻船に乗り込むことができます。

最近、輪行時のクリートをSPDにしたので歩くのもへっちゃらです。

0603-68_640

博物館を過ぎて海岸に降りると宿根木集落。

これまた博物館のような素敵な街並を歩くことができます。

0603-85_640 0603-87_640

三角形の塩屋さん。

この小川の左側に江戸時代初期に開拓した廻船問屋が並びます。

小川の右側は川と海の砂浜だったところが、江戸期に開拓されたそうです。

0603-136_640

石を置いて吹き飛ばされないようにする屋根、なんと呼びましたっけ?

0603-145_640

さて宿根木を過ぎて県道を進むと、深い入り江にたたずむ港町を散見します。

素晴らしい情景ですね。

0603-152_640

行き止まりは沢崎灯台。ここが佐渡が島の南西端です。

0603-164_640

折り返して小木港でランチして、赤泊で自転車を収納します。

旅情優先で、佐渡一周サイクリングにはこだわらないスタイルです。

0603-203_640

赤泊からはクルマで岩首まで北上し、棚田を見に行きます。

あまりの激坂にびっくり。自転車じゃ無理ですね。。。

0603-215_640

最後に峠を越えてトキの森公園へ。

0603-234_640

初めてみました、これがトキです。

0603-250_640

トキは、繁殖期は灰色で、ザリガニを食べるとピンク色になるそうです。

0603-249_640

さて、佐渡最後の朝は5時にスカイラインに上って見晴らし台から佐渡の国仲平野を眺めます。

両津から真野湾まで一望できました。

Dsc08330_800

佐渡は学生時代以来2度目だったんですが、とっても奇麗で、楽しくて、食べ物もおいしくてびっくりしました。

今まで佐渡ロングライドに出なかったのが悔やまれます。

でも今回はロンドライドでは見れない花や棚田も見れて満足です。

楽しかったなぁ。

企画してくれたまかだまさん、お付き合いしてくれたしんすけさん、ありがとうございました!

さっそくですが、次回の佐渡はいつにします??

佐渡ライドその2

佐渡ライドの旅、2日目は快晴です

(1日目はこちら)

佐渡市役所近くのホテルから自転車で、時計回りに大佐渡(北半分)を巡ることにしました。

120kmしかないですけど、写真も撮りたいし、美味しいものも食べたいですからねー

0601-2_640

田んぼの中を縫って真野湾へ。

さっそくの記念撮影です。あー海が青くて気持いい!タマレンジャーの青いジャージも映えますね。

0601-28_640 0601-30_640

佐渡は海底火山が隆起した島なので、海岸は奇岩が多くて、カーブを曲がるたびに歓声を上げてしまいます。

0601-80_640

静かな海だなぁ。 カンゾウも咲いていて、楽園みたいだわー

0601-85_640

最近、オフロード趣向の強いしんすけさんです。

0601-91_640

今回はミラーレスカメラを持ってきたので、自転車も奇麗に撮れるようになりました。

0601-95_640

相川で休憩後、新潟県道45号「佐渡一周線」を進みます。

0601-103_640

海と田んぼと自転車。田植えが終わったばかりで、水がいっぱいじゃないですか。

0601-154_640 0601-157_640

気持ちよく走っていたら有名なZ坂へ。坂っぽい坂はここだけでしたね。

0601-168_640

楽しく登るまかだま号!

0601-179_640

Z坂から見下ろすと青い海が。厳しい坂を上った御褒美を堪能いたしました。

0601-180_640 

佐渡一周ロングライドの標識が10kmごとに常設されているので、目安としてはいいですね。

0601-195_640

岬を坂で越えたり、

0601-205_640

トンネルでくぐったり。

0601-213_640

大野亀と呼ばれる大きな溶岩は、ほぼ北端にあります。

0601-220_640

カンゾウが咲き乱れていました。6月上旬がピークだそうですよ。

5月の佐渡ロングライドのころには、残念ながら見れないそうなんです。ぜひ6月の佐渡へ!

あとランチはこのあたりでは大野亀でしか食べられないみたいでしから注意してね!

0601-249_640 0601-252_640 0601-264_640

きれいだなー 佐渡に住みたくなるわー

0601-273_640 0601-280_640

内外府側に入ると、坂は減るのですが山が海に迫っていて、長いトンネルもありました。ライトなどトンネル装備は必須ですね。

0601-298_640

厳しい西風もなんのその、両津の街を抜けて静かな加茂湖にたどり着きました。

0601-312_640  

ホテルには4時前に着いて、お風呂に入ってお寿司を食べて。。

ああ今日も楽しかったです。 (あすへ続く)

佐渡ライドその1

タマレンジャーのしんすけさん、まかだまさんと、佐渡ライドに出かけてまいりました。

東京を木曜22時過ぎに出発して、新潟港から始発のフェリーに乗り込みますと、朝10時くらいには走り始められるわけです。

0531-15_640

今日は午前曇りで午後から雨。とりあえず相川にデポして、北岸をポタリングすることにしました。

Dsc01258_640

日本海沿岸特有の街並、漆黒の瓦も美しいです。

Dsc01262_640

漁港に迷い込むディープなライドです。

Dsc01288_640

今日は一時間ほどで引き返します。

海、山、奇岩。海岸サイクリングに興奮が高まるばかりです。

Dsc01361_640

相川に戻って自転車を片付けたら、強い雨が降ってきました。

Dsc01375_640

とりあえず街の居酒屋ランチでとんかつをいただきました。

Dsc01381_640

食後は世界遺への登録を目指す産業遺産へ。

精錬所、発電所、明治政府の佐渡代官所が立ち並びます。

0531-91_640

県道を登ると佐渡金山を探検できます。

0531-129_640  

佐渡ライドといいながら、実は佐渡観光なので、ゆったりのんびりでしたよー 

3時過ぎにはホテルで風呂に入り、美味しい佐渡のお寿司で満腹になりました。

(続く)

2019年4月 7日 (日)

日本三大桜・日本五大桜をどうにか制覇しました

日本三大桜

・三春滝桜(福島)

・山高神代桜(山梨)

・根尾谷淡墨桜(岐阜)

 

日本五大桜はさらに

・石戸蒲ザクラ(埼玉)

・狩宿の下馬桜(静岡)

 

どうにか咲いてる(咲く直前に)すべて見ることができました!

古い銘木って神々しいですね。

 

三春滝桜(福島) 2015/4/18

20150418-97_640

 

山高神代桜(山梨)2019/4/5

20190405-113_640_1

 

根尾谷淡墨桜(岐阜)1998/3/28

3_640

 

石戸蒲ザクラ(埼玉)2019/4/7

Dsc07035_640

狩宿の下馬桜(静岡)2019/4/6

20190406-269_640

2018年12月 9日 (日)

西蓮寺(茨城県)の銀杏

Dsc08815_512

茨城県行方市の西蓮寺の銀杏を見に行ってきました。

Dsc08737_512

常磐線で北千住を10時に出て、高浜駅には11:15着。駅前に売店も何もないさびしさ。

とりあえず水だけ自販機で買って、霞ヶ浦へ。

Dsc08754_512

霞ヶ浦のサイクリングロードは一部未舗装でしたけど、基本的には舗装済み。ときどきクルマが入ってくるので、後方にも注意しなきゃ。

Dsc08770_512

20km走って、道の駅たまつくり。9年ぶりです。

寒い風のなかを走ってきたのですが、無料サービスの白魚汁をいただき、体の中からあったまりました。

Dsc08764_512

西蓮寺までは5km南下し、東の山の中に入ります。

この養殖鯉の水産場が目印です。

Dsc08773_512

樹齢1000年のイチョウ。

落葉して、地面が真っ黄色なのが印象的です。

Dsc08797_512

帰路は土浦駅を目指して西へ進みます。

夕陽が霞ヶ浦に反射して美しい!

Dsc08853_512

途中で寄ったのが、「カキ化石床ジオサイト」。ここは大昔、旧東京湾の海底だったそうです。カキが積もっていて、地元の人はここに穴をくりぬいて古墳にしたそうです。

Dsc08856_512

土浦の街と筑波山を目指して進みます。

帰りは土浦から常磐線で帰りました。

Dsc08865_512

今日は4時間で50kmほどを走りました。

ブロンプトンは輪行は簡単なのですが、重くてちょっと腰を痛めました。

また並の自転車よりも速く走れますが、ロードバイクにたくさん抜かれていく悲哀も味わいました。

まあ平地ですし、手軽なスポーツだと思えばいいんですけどね。

2018年9月 4日 (火)

Ciclovia Alpe Adria Radweg アルプス・アドリア・サイクリングコース

ザルツブルク(オーストリア)とグラード(イタリア)を結ぶ全長約400kmのサイクリングコースに挑戦しました。Ciclovia Alpe Adria Radweg、略してCAAです。

Maphp_alpeadria_entdecker_2

2012年に墺伊による整備が始まりましたが、単一のサイクルロードではありません。既存の舗装されたサイクルロードに加えて、鉄道廃線跡、激坂(25%)の農道、未舗装(砂利)の猟師道、トレーラーが速く駆け抜ける国道(自転車走行帯が完備されているわけではない)を走る箇所などいろいろな部分で構成されています。コースの公式ウェブはこちらです。

Dsc06177_512_2

Dsc06967_512

 
日本人に知られていない素晴らしい文化遺産や自然に触れられます。音楽の都ザルツブルク、温泉保養地バート・ガシュタイン、墺伊国境のタルヴィーゾ渓谷、中世そのままの街ヴィンゾーニやパルマノーヴァ、ローマ遺跡アクイレイア、自然干潟が観光保養地になったグラード。ツアー旅行はもちろん、墺伊が大好きな人でもあまり訪れないような魅力的な土地を訪問することができます。

Dsc06888_512

Dsc07092_512

実は、当初は夏休み後半にスペインを走ってみたかったんですけど、暑いので注意という情報をウェブで得て諦めました。次案として、南フランスとかノルマンディーも良いかと思いましたが、言葉が通じないので躊躇していたところ、ANAのマイレージ特典でミュンヘン往復8日間の航空券を獲得できることが判明。ザルツブルク辺りのサイクリングコースやツアー(ガイドなし、宿と宿の間の荷物運送サービスあり)を調べていたところに400kmのACCを発見。地図や標高図、観光名所、GPSデータも公開されているので、ここに確定しました。(初日にハルシュタットに寄り道したので500kmになりました、後述)

Dsc06511_512

ご参考までに、今回の旅程はこんな感じです。
8/26日 汽車でSalzburgへ入る
8/27月 Salzburg (スタート) - ちょっと寄り道Obertraun/Hallstatt
8/28火 Obertraun/Hallstatt - Werfen- Dorfgastein
8/29水 Dorfgastein - Badgastein - Villach
8/30木 Villach - (国境) - Tarvis - Venzone - Udine
8/31金 Udine - Palmanova - Aquileia - Grado (ゴール) - Udineに戻る
9/1土 汽車でSalzburgへ戻る(4時間)

Dsc06783_512

Dsc06789_512

・全体は8つのステージに分割されていますが、各所の通過時刻などが認証されるわけでないので無視して構いません。
・北からでも南からでも構いません。北からだとずっと太陽に向かうことになり、南からだと登り基調になります。ガイドブックやGPSデータは北からの情報のみなので、南からだと自分で考える必要があります。
・地元サイクルコースを転用した部分が多いが、そもそもローカルなサイクルコースが多いので、頻繁に道を間違えてしまうので留意が必要です。
・公式ルート図(GPS用も配布されている)は、ときどき間違っています。たまに道が全く存在しないこともあります。
・公式ルートは安全な田舎道を選んで通るように設計されています。牧場やトウモロコシ畑のステキな農村を訪ねることができますが、意味なく遠回りの荒れた畦道を通過することもあり、適宜、自らの判断で取捨選択する必要があります。
・ルートは概ね鉄道に沿っているため、交通が多い区間や激坂区間を鉄道でスキップすることは可能。また、バートガシュタインとモルニッツの間のアルプス超えは道がないので必然的にオーストリア国鉄で鉄道輪行となります。
・終点のグラード最寄りの20kmは鉄道廃線跡のトレイルなので、逆にいうと鉄道でスキップすることができません。
・自分は第1区間を南下せずにハルシュタットに寄り道したため、合計500km程度、4泊5日の行程としました。

Dsc07229_512

Dsc07207_512

走行前のコツ
・スマホのGoogleMapsに地図をダウンロードしておけば、現地でローミングしなくても位置が把握できる
・ガーミンにも欧州地図をダウンロードしておける。でもガーミンの電池は1日持ちませんので対策を。
・ACCという案内ではなく地元のサイクルコースの案内しかない箇所が多いが、時にACCと関係ない方向を誘導しているので、GPSナビでの確認は必須。
・クレジットカードはほとんど使えない。欧州で引き落とせるキャッシュカードが必要。

Dsc07138_512

Dsc07078_512

それでは、折に触れて旅行記をまとめたいと思います。

2015年12月26日 (土)

飛越峡合掌ラインの県境7つ

高岡方面から白川郷に向かって、庄川沿いに国道156号を南下すると、途中で岐阜県に入ります。

富山岐阜の県境は川に沿っているのですが、国道のバイパスがトンネルと橋で直線状に進んでいるので、県境を7回も越えることになっているのです。

_512

1_512

2_512

3_512

4_512

5_512

6_512

7_512

8_512

ちなみに私の好きなクネクネし旧道は、朽ちて立ち入り禁止になっている場所もありました。

20150427_22_512

20150427_36_512

20150427_45_512

20150427_46_512

2015年4月26日 (日)

富山旅情

翌日曜日は高岡まで新幹線で輪行します。最寄りの上越妙高駅まで10キロの自走です。

途中の川沿いのサイクリングロードは、なかなか素晴らしい景観でした。

2_1_512

左に見えるのが新幹線の駅です。新幹線の駅前も壮観でした。。。

2_2_512

ガラガラの新幹線駅も壮観でした。。。

2_3_512

最初の列車が8時半までありませんので、ゆっくり駅弁をいただきます。

ところで東京発の列車に乗るわけですから、今朝、直江津に泊まる必然性は無かったわけですねぇ

2_4_512

上越妙高から新高岡まで1時間弱、各駅に止まります。

車内が関西弁だらけなのは石川県の訛りなんでしょうか。。

新高岡駅に降りたら陽射しが強い!今日は半袖の夏ジャージで十分です。

とりあえず、駅からすぐの瑞龍寺に向かいます。かなり立派な禅寺でした。

2_5_512_2

礎石から覗く陽射しが強そうです

2_6_512

五箇山に行く前にちょっと高岡市内を見物します。

商家の町並みが美しいんですけど、こういう理容店にも興味がそそがれますネ(*^-^)

2_7_512

1時間ほど高岡市内をグルグル。

庄川の土手に出て、上流に向かいます。源流の「ひるがの高原」まで遡りますからね!川の源流探しって楽しいですよね。

2_8_512

途中で土手から県道に降りると砺波平野の農家が美しく並んでいました。

2_9_512

庄川の扇状地の頂点にダムがあり、公園で足湯やアイスを楽しめました。

ここからは渓谷登りです。

2_10_512

五箇山訪問は国道304号が主流ですが、クルマが多いのと頂上のトンネルが長いので、庄川沿いにノンビリ進むことにしました。

私の大好物のスノーシェルターもたくさん味わえます

2_11_512

いやこの景観は素晴らしいです。

2_12_512

行っても行ってもシェルターだらけです。

車が後ろから近づいたら、振り向いて手を振って気付かせたうえで、左に寄ります。必要に応じて率先して止まることにします。

車は自転車に気づかない、これが原則です。

2_13_512

1時間くらいノンビリ走ったあとで、ようやく集落に。

山奥の村にもようやく春の兆しが来たようです。

2_14_512

国道304に右折しキツイ坂をちょっと登ると、有名な相倉合掌集落です。20年くらい前の5月に鉄道とバスで来た記憶があります。あのときは雪はありませんでした。

2_15_512

今日は日曜日の昼過ぎだからか、観光客は多くありません。

2_16_512

相倉から直接南下すると、長い上梨トンネルを避けられます。

すぐに集落があったので、豆腐屋で豆腐アイスをぺろり。

あとで知ったのですが五箇山豆腐で有名な店だそうです。

近くでは獅子舞が踊っていました。ちょうど村祭りのようです。

2_17_512_2

民謡の里っていうところを通過しましたが、あのコキリコ節でしょうか。小学校以来だから忘れてしまいましたが。

菅沼というところにも何件か合掌造りがあったので、見学。日が傾くと谷間の集落は真っ暗になりますが、今日は間に合いました。ただ桜はすっかり終わっていましたね。

2_18_512

近代的で場所にふさわしくない五箇山インターチェンジを過ぎると、水芭蕉の向こうに大きな合掌作りが。最大の合掌作りを言われる岩瀬家だそうです。

300円払って見学。中は意外にも5階建になっていて、硝石問屋や蚕育成をしていたそうです。

2_19_512

岩瀬家の向かい側の今日の宿泊先、赤尾館です。

司馬遼太郎や皇族も宿泊した名宿です。しかも温泉です。

単独旅行なのに予約できてよかったです。

2_20_512

温泉はゆっくりひとりで入れましたし、イワナも頭からガブガブ、三笑楽のお酒も美味しかった。白エビのてんぷらとか、橡餅とか。。

旅館は派手な食べ物をたくさん出せばいいってもんじゃありません。

土地のものを少しずつ味わえれば十分なのです。

そういう意味で、この赤尾館は最高の温泉旅館でした。