カテゴリー「つくば系」の10件の記事

2014年9月 7日 (日)

つくば梨梨(リンリン)ロード

Ibaraki_nashievent_512

茨城県は梨が名産だったとは知りませんでした。

こんなチラシがツイッターで流れてきたので、タマレンジャーのまかだまさんと出撃することにしました。

足立区で6時に待ち合わせて、ゆっくり真壁に10時ごろに着く予定です。

Dsc09328_512

江戸川に入ってみたら小雨が降ってきましたが、利根運河を経て利根川を渡るころには止んでいました。

守谷のいつものファミマで休んでいたら、

 「あらごんさんですか (*゚▽゚)ノ 」

ツイッターでおなじみのGEORGEさんでした。

今日は筑西に向日葵を見に行くのだとか。

いつもロングライドお疲れ様ですgood

Dsc09331_512

北条からリンリンロードに入ります。

まだ早目なせいか、自転車は多くないです。

Dsc09352_512

こないだ来た時は桜並木だったと思ったのに、今は稲穂が垂れる季節です。(実は毎月のように来ていますが)

Dsc09360_512

真壁に着いたら、本当に配ってました。美味しい梨ですlovely

冷えてないけど、美味しい果物は常温で美味しいんですよね。

Dsc09371_512

真壁は普段は通過点なのですが、今日は折り返し。

たかはし商店に寄って、蕎麦noodleとおにぎりriceballを賞味します。

Dsc09368_512

おばあちゃんの手作りの肉おにぎり。

山盛りになっていましたが、午前中に売れ切れてしまうそうです。

Dsc09374_512

さて北条に向けて戻り始めると、追い抜いてきたローディーさんに

 「あらごんさんですか (*゚▽゚)ノ 」

ツイッターでおなじみのウイングパパさんでした。

私のツイートをご覧になって、はるばる浦和から訪ねて来られたとのこと。恐れ入ります。こんなところでお会いできるとは!

1_512

次第に陽射しが強くなってきました。

Dsc09396_512

北条のPitspotでも梨が配られています。

Dsc09402_512

山盛りの梨。

さすがにローディーだらけでしたね。

土浦から北条までは結構サイクリストが多いみたいです。

Dsc09403_512

ここから県道133号に戻って早目に帰宅します。

まかだまさんとは途中の福岡堰で別れました。

別れるまえに、筑波山をバックにcamera うまく撮れましたね!

2_512

今日はいろんな出会いがあって楽しいサイクリングでした。

まかだまさん、お疲れ様でした (◎´∀`)ノ

2013年6月22日 (土)

つくば山 自走でつつじヶ丘往復など

職場に綺麗な女性からメールが来ました。

 「今度の週末、筑波山まで連れて行ってもらませんか heart01

ふだんなら女性に冷たい私ですが、あの姐さんに頼まれたら断れません。(理由:来世が怖いので)

Img_3730_400

早朝は雨だったから、もしかしたら来ないかな~なんて思っていたら、朝5時に約束のファミマで会えましたよ ((・(ェ)・;))

まあ、いつものんびり行く筑波自走ルートですが、たまには気合い入れて走るのも一興かと思い、ぐいぐい走りましたよ。

 (途中、馬車馬の気持ちなので文章略)

いつのまにか登っていた不動峠

Img_3731_400

いつのまにか通過した風返し峠

Img_3733_400

ぜいぜい言いながら着いた つつじヶ丘 ↓

Img_3736_400

まだ朝9時なのにソフトクリーム逝っちゃいました(◎´∀`)ノ

Img_3739_400

下り途中では、名物カリントウ饅頭を賞味scissors

Img_3742_400

ふわふわ、さくさく。

Img_3744_400

下ってから改めて筑波山をパチリ camera

 姐さん「なんか、住宅が邪魔くない?」

 私「すみません、次回までに取り払いますm(_ _)m 」

Img_3746_400

ソフトクリームとカリントウだけではおなかがすきすぎるので、途中の守谷でソーセージを食べましたよ!

Img_3749_400_4

新利根大橋を渡って、千葉県に戻ります。

往路が利根運河経由だったので、帰路は大堀川経由で。

途中で風車とポピー畑を堪能。

Img_3752_400_2

Img_3754_400

なんだかんだ言って楽しいツーリングでした。

筑波山の上まで自走して14時過ぎに足立区に帰還。

たまにはハードなトレーニングも必要ですよね、姐さん! crying

2013年4月13日 (土)

りんりんロードで道の駅もてぎへ

久しぶりにロングライドに行こう!

ということで、今年はまだ行っていない、茂木町の道の駅もてぎで、名物おとめミルクを食べに出かけました。

自宅を5時前に出たときの気温は7度。

ところが江戸川を遡り利根運河に着いたら、2度 ヾ(*゚A`)ノ

こないだ懲りたのでウィンブレ着ててよかったです happy01

Dsc04969_512

利根運河は朝霧で幻想的です。

今日は晴れ渡っていて、筑波山は江戸川からも見えました。

とりあえず、小貝川でパチリ camera

Dsc05064_512_2

つくば市内の菜の花畑からパチリ camera

Dsc05062_512

リンリンロードでパチリ camera

そういえば今日もクロさんに会えなかったなぁ。残念。

Dsc04988_512

リンリンロードは桜の盛りは過ぎてしまいましたが、

まだまだ花が残っています。

Dsc04998_512

昔の筑波鉄道のホームにて。ノスタルジーな雰囲気 good

Dsc05058_512

さて5時間あまりで道の駅もてぎに。

まだ寒いからアイス売り場に行列はありませんでした。

注文してからイチゴをすりつぶす贅沢。このボリュームで300円です。

Dsc05042_512

さて帰りはずっと強い向かい風に泣かされながら6時間あまり。

合計254kmのロングライドでした。

やっぱりこれくらい走るとスッキリしますよね。

暑くなる前に、筑波路・栃木路はしっかり走っておきたいです。

2013年3月10日 (日)

筑波路 薬王院三重塔

そろそろ、道の駅もてぎまで自走してイチゴアイスを食べようと思ったのです。今朝は4時に起きて天気予報を見たら、夕方3時からrain!こりゃ遠くまでは行けないなぁ。

でもクロさんが北条スタート8時半って書いていたから、挨拶だけはしようと思い、自宅を出ました。今日は最高気温が25度くらいになるとのことだったので、夏ジャージに腕と脚のウォーマー。

 足立区、朝5時、11度。

 流山、朝6時、8度。

 利根運河、6時半、5.4度。

寒い。

なんで日の出が過ぎても気温が下がる?

やはり都内はヒートアイランド現象なんでしょうね。

凍えてしまいます。利根川CRに入ると4.4度まで低下。速く走ると体温を奪われるので20キロくらいしか出せません。

手が寒いので(指切グローブwobbly)、ビニール巻いてどうにか走りましたが、北条に着いたのは8:41。もうクロさんたちは出発した後のようです ゚゚(´O`)°゚

1_512

仕方ないので真壁方面にゆっくり走ります。

筑波山を定点観測 ↓ 

2_512

つくばリンリンロードって空いてるし景色はいいし、いつ来ても楽しいですねgood

ふもとの梅も満開です。

3_512

上大島集落。

筑波には風情のある民家が多いのです。

4_512

真壁町酒寄。

椎尾山の参拝口が見えましたので、今日はここに行きましょう。

5_512

なんて軽く登り始めたら、14%以上の坂が連続。

息が切れ始めるころ、薬王院 の山門に到着。

6_512

本堂への階段が、なかなか古びていていい感じです。

7_512

三重塔は本堂の左にひっそり建っていました。

紅梅が咲けば美しいのですが、標高が高いためか、まだ蕾でした。

この付近には立派な三重塔が多いので、老後に散歩して過ごそうと思います。

8_512

で、まだ11時前ですが雨に降られると嫌なのでイソイソ戻ります。

江戸川まで来ると空が黄色くなってきました w(゚o゚)w

黄砂かと思いましたが帰宅して調べると 煙霧 というそうです。

今日は花粉対策にマスクして走ってたのが正解でした。

強風と埃のためにマスクは真っ黒です。

江戸川CRも横風が怖いです。

9_512

ということで、雨に降られる前に帰宅し風呂と beer でリフレッシュ!

走行距離は180キロでした。

今日はローディーたくさんいたけど、知り合いには会えなかったなぁ

2012年5月 7日 (月)

つくば市北条

自転車乗りなら一度は訪れる、筑波山の不動峠。

その入り口にある集落が北条です。

古い商店や蔵が立ち並ぶ、懐かしい日本の光景。

.

昨日の竜巻が来たとき、サイクリストのクロさんは、北条の入り口のPitStopでお食事中。

被災地と500m離れているだけで、まったく気づかなかったそうです。

ご無事で何よりです。

.

ちょっとだけ、平時の北条の風景をご紹介します。

早く立ち直ってくれるといいな。

4

1_1

1_2

1_3

2009年11月28日 (土)

自走不動 (茨城県)

1

荒川CRの下流域は、工事中のため、上流方面に行くのが困難です。

というわけで、今日は茨城県方面に行くことにしました。

お待ちかね、自走不動です。

2

江戸川快走中。実は向かい風でつらかったです。

3

利根運河を経て、利根川CRに入ります。

このルートだと、松戸から守谷まで全く信号がないのです。

脚を停めるとすぐにばれてしまいます。

4

小貝川。

筑波山は、普段は葛飾区からでも見えるのですが、今日は少し曇っていました。

5

6

つくば工業団地。

一番後ろのFELT新車の兄さん、ずっと無口でした。

7

おなじみ、平沢遺跡。

不動峠に上る前にブロガーの記念写真。

8

もう秋も深まってきました。

私は夏ジャージにウィンドブレーカーでちょうどよかったと思います。

おのおのマイペースで不動峠を登りました。

2回目に挑戦するひとも、裏不動に降りて挑戦するひともおらず、笑顔になって記念撮影。

9

10

11_2

降りるのは簡単でしたね。

12

帰りは、ある事情からきゃのさんが待つ守谷まで急ぎたいとのことだったので、

県道45号を急ぎました。

そういえば毎週日曜日、ロードギャラリーミラノの「朝ラン」はここまで来ています。

これでお昼ごはんまでに帰宅するのですから、旅情は感じませんね (ノ_≦。)

今日は、5人と和気藹々と走れてよかったです。

ある事情できゃのさんが合流できなかったのが残念です。

皆さん、またよろしくねgood

2009年6月26日 (金)

水を左手に見て走れ(霞ヶ浦)

Dsc03047
海なら左回り、湖なら右回りで走ると良い。と言われます。

水辺に近いから心洗われるし、左側通行の場合に左折する車がないのでとても安
全なのです。
                             

ということで、土浦駅まで輪行して、茨城県の大きな湖、つまり霞ヶ浦を回ることにしました。

常磐線に北千住から乗り込みます。
ところがダイヤがスカスカで不便です。ほとんどの列車が途中の取手止まり。

土浦駅に到着も、コインロッカーがほとんどなく、観光案内所によると「いつも満杯なんですよ」と笑顔で説明なさるのですが。。。観光客の立場から言わせてもらうと、あなたは怠慢です。
なぜ改善しない? なぜ笑っていられる?? こちらは途方に暮れたヨ (○`ε´○)
 
と変な方向に向かいそうなくらい、暑い日でした。
 
土浦駅東口のロータリーから、すぐ右に出発します。
最初の橋を渡ると、そこが湖畔道路の始まり。
とくに標識はありません。
霞ヶ浦にはサイクリングロードはほとんどないのです。
堤防が車道になっているのでここを走ります。
.
Dsc02980
平日は車が少ないが休日は釣り人でいっぱいなので危なくて走りにく
ないと聞きます。舗装状態は極めて良好であるので、平地マニアにはたまらない道です。
Dsc02940 
何箇所か道が途絶えていますが、ちょっと迂回すれば問題ありません。
 
Dsc02989 
こういう標識が充実しています。
Dsc03059 
速すぎると湖に突っ込みそうです。
いや追い風ならホントに突っ込めます。

県道に出ればコンビニ多数。ただ随所に公的観光施設があるので寄る必要性は少
ないです。霞ヶ浦大橋の東端には道の駅や展望台があります。
Dsc03068 
こんな食べ物や・・・
Dsc03069 
知ってますか? 行方バーガー!
(行方は地名。「なめかた」と読みます)
ぶたパックンはともかく、なめパックンってナマズの肉だし、こいって鯉だし。
そういや店の名は鯉恋だったし。
Dsc03071 
私が食べたのは、結局、夕張メロンのソフトクリーム。
最近、自転車に乗るごとにソフトクリームです。
Dsc03106 
あとは筑波山を前方に眺めつつ、土浦まで20キロ。
湖からの横風が強く、顔にしぶきが届きました (;´Д`A ```
 
土浦市街に入ってから、駅まであと2キロのところで湖畔道路が途絶えます。
ここも右の一般道を迂回すれば、まっすぐ駅にたどり着きます。
 
3.4キロ、走行時間4時間。
ファンライド2008年7月号では、竹谷選手が3時間だっていうから、まあまあかな。
さすがに湖を一周すれば、旅行した、って気になりました。

2009年4月26日 (日)

自走不動 (茨城県筑波山)

キューピッド【Cupid】   ローマ神話の恋の神クピドの英語名。ビーナスの子。弓矢を持つ裸の有翼の少年で、その矢に当たった者は恋心を起こすという。

よるたまで、たまたま、まかだまさんが口にした「日曜日は自走不動です」。

聞き洩らすはずがないでしょ。

勝手に自走不動事務局を開催し、勝手に同行した一日でした。

6時1分に自宅近くの公園に行きましたが、まかだまさんはすでに通過したあと。足立区の国道4号線ヤマダデンキで待ってもらいました。今日はタマレンジャーのおそろいの緑ジャージ

東京は晴れてますが、江戸川、利根運河、利根川と、不穏な黒雲を追いかけるかのような行程でした。筑波山の不動峠入口にう着いたのが10時15分。15分の遅刻です。きゃのさんがすでに待っておられました。

あれ、自走不動ツアーには、なぜか、偶然にも、きゃのさんが参加するようです。カーブミラーに3人映っていますネ。

6

冗談です。偶然じゃないです。きゃのさんは、私とまかだまさんの仲をとりもつキューピッドを演じるようでございます。

不動峠は15分10秒。

1

心臓パクパクでした。途中で女性ローディーをたくさん追い抜いた事情から、抜き返されては恥ずかしいので、必要以上に頑張りました。写真はノーマルクランクでハッスルしたまかだまさん。

2

頑張ったのでおなかがすいて困りました。

裏不動を下りて、きゃのさんお勧めの「茶房 ぶれっと」でハンバーグとジャンボプリンをいただきまする。

4

5

食後は坂を登りたくないので、筑波山の南麓を迂回して帰りました。

ふふふ、キューピッド役、お疲れ様でした。heart04

3  

2009年3月21日 (土)

自走不動 前線通過中

まかだまさん、moryさんと筑波山までツーリングでした。前線通過で少々雨の予報でしたが、翌日は仕事のひと、娘と遊ぶひと、悠に行くひとなど、それぞれ自分の人生があるので、雨天決行となりました。

雨雲の途切れた朝8時、自宅近くまでお越しいただきましたが、途中で豪雨が数回。つくばエクスプレス六町駅、江戸川の常磐自動車道、利根川の常磐自動車道で雨宿り。

今日は10時過ぎから暑いと聞いていたので夏ジャージで出陣したのですが、寒い。耐寒仕様のmoryさんがうらやましいです。

1

福岡堰でおれんじきゃのさんと待ち合わせ。すでに11:30。予定より1時間遅れてしまいました。おまけに、右足のひざの裏の筋肉が痛み始めました。ポジションを替えたわけでもないのに、スジが合ってない、という感じ。でもがまんがまん。

きゃのさんの差し入れパンで補給し晴れてきた筑波山麓を行進します。

今日は平沢のトイレで声を掛けられる心配はありません。安心して不動を登ります。しかじ結果は16分。記録が伸びません。

雨上がりなので裏には下りずすぐ引き返します。筑波山頂が晴れています。朝の豪雨が嘘のようです。

2

3

福岡堰できゃのさんと分かれたあとは、「追い込みたい。早く家に帰りたい」という無言の圧力と追い風に助けられ、28キロを少し上回る速度で巡行。

雨のなか、皆さんお疲れさまでした。といっても上記の写真では想像がつきませんな。

2009年1月25日 (日)

トイレでは誰かに覗かれていると思うべし(不動峠)

トイレで後ろから声をかけられるときは、たいてい驚くような話だ。

あっと驚いて飛び散るかもしれないのに、敢えて声をかけるくらいなのだから、よほどのっぴきならない話に違いない。

昨日のリベンジである。筑波山自走&不動峠アタック。自走なんて、ストイックなところが自分に似つかわしい。人知れずトレーニングを積み重ねるところがにくい。

今朝は3度。hajimeさんが着用していた使い捨て足指カイロを装着。

Dsc00947

水元公園・江戸川・利根運河・守谷・小貝川。福岡堰を右岸から左岸に渡り、宗教団体の奇妙な建物が見えてくると小貝川運動公園。ここから土手を下り、県道133号線に入る。

この道は農村を結ぶ古街道で、庄屋や造り酒屋もあり、ひなびた風景が美しい。

Dsc00975

集落を抜けると、筑波山が目の前に。登り甲斐がある。

Dsc00981

平沢官衙遺跡のトイレで用を足していると、後ろを通った殿方が「あらごんさんですか?」と声をかける。おや? まかだまさんだった。車で来たという。あやうく飛び散りそうになった。こっそりトレーニングがバレテしまった。

とんでもないところで声をかけられるのは慣れている。オーチャードホールで「グレの歌」を聴いたとき。幕間にラウンジなんて洒落たところは苦手なので自席で缶コーヒーを開けた。すると後ろから「あらごんさん、ご飲食はラウンジでお願いします」 知人女性が案内嬢を務めていた。何もこんなところを見つけなくても。

今日見つかったのはトイレだった。今朝まかだまさんのブログを見た。昨日、成田に行ってそのまま不動峠に行くと書いてあった、なぜ?

Dsc00987_2

まあいい、このノリの良さがストイックな峠攻めに効きそうじゃないか。 嬉しいことにきゃのさんも参戦している。峠の練習には女性がよく似合う。

不動峠。速い人は10分強で登るという。自走じゃ登る前からヘトヘトだ。ストイックすぎる。ということで16分だった。冬だし、内緒にしておこう。

どうせなら、ということで尾根沿いのスカイラインを走る。きゃのさんの提案だ。酔狂すぎる。これも修行だ。

Dsc01024_2

筑波山頂が見える。息が白くなる。途中で積雪だ。

Dsc01031

きゃの隊長の判断で勇気ある撤退を決意。不動峠に戻り、下山することにする。

まかだまさんは、車で帰宅する、という。自分はハードボイルド路線だから、当然自走だ。

帰路、吉沼集落の行き付けの中華屋が休み。これまた行き付けの和菓子屋では名物「小麦饅頭」が5つだけ残っていたので、これを頂く。

Dsc01044

きゃのさんから頂いたアップルパイを小貝川畔で食した。

帰宅は6時前。途中ですっかり暗くなり、門限に間に合わなかった。奥さんごめんなさい。

Dsc01043

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文才ないなぁ。まかだまさん、きゃのさん、今日はお疲れ様でした。