無料ブログはココログ

« 栃木の美しい秋:川俣温泉から登る山王峠 | トップページ | 東京も寒かった »

2021年11月22日 (月)

足利の紅葉

足利の秋ポイント、鑁阿寺、もみじ谷、そして浄因寺を旅します。
今日の天気予報は最高18度の予定ですが、快晴で陽射しがあるようです。夏ジャージに、上下ウォーマーと黄色い蛍光ベストで出発しました。結局、陽の当たる登りでは汗タラタラ。日陰の下では寒くてブルブルという感じでした。
東武動物公園駅の寒いホームから乗り込んだ東武線特急りょうもう。紅葉シーズンなせいか、週末なのに座席は半分埋まっています。2人掛けで満席だとツライですよね。
足利市駅のコンビニでパンを2つと水を買い、9:20に出発します。目の前の渡良瀬川を渡ります。鉄橋って、手作り感があって、イイ。
Dsc05938_640
ちょっと行くと朝の鑁阿寺。
Dsc05941_640
本堂前の紅葉と本堂横の銀杏が美しいのですが、朝は陽射しがイチョウを照らしておらず、午後のほうがよかったかな。
Dsc05948_640
西の尾根を登ると突き当りに織姫神社、いつものように渡良瀬川を見下ろす眺望を前に記念撮影。今日は最高のハイキング日和です。
Dsc05956_640
Dsc05953_640
近くのもみじ谷は、山の上にあります。ちょっと遅かったかもしれませんが、部分的には真っ赤な木々があるので記念撮影しました。駐車場はいっぱいで、ハイキング客がたくさんいました。
Dsc05963_640
Dsc05964_640
丘から降りて、北に県道284を進んで行くと、Y字路で「浄因寺」の標識があるので左を進みます。
Dsc05972_640
里山から山に入り、公衆トイレを過ぎるとコンクリートの激坂が始まります。事前にウェブで激坂と知らされていたので我慢して登ります。18%、20%、そしてついに25%が出ました。
Dsc05976_640
かなり息が切れます。紅葉見に来ただけなのに。涼しいのに顔から頭から汗が滝のように流れます。25%でガーミンの写真を撮るのを忘れてしまった。。
突き当りの駐車場に着くと、クルマがたくさん停まっていました。モノレールは稼働しておらず、案内人もいません。お寺はいったん荒れ果てたあと、観光地として復活したとブログで読んだのですが、こんどのコロナ禍では経営はなかなか大変だったのでしょう。
Dsc05977_640
Dsc05978_640
Dsc05982_640
360段あると言われる階段を登り続けます。かなり急です。最近の輪行旅はSPDにしているのでどうにかなるのですが、それでも滑りますね。自転車ヒルクライムで息が切れていますが、徒歩で登るのは楽なので、コンビニで買ったアップルパイを食べながら、心臓は休めつつ登っていきました。
Dsc06008_640
Dsc05985_640
いくつも出てくる山門をくぐり、本堂の右わきを登って振り返ると、本堂やらが秋の樹々に囲まれて美しくなっていました。事前に調べた岩屋や橋はこの先にあるのかしら?ちょっと登山道に足を踏み込みましたが、今日は自転車旅なのでやめて引き返すことにしました。
Dsc05990_640
本堂までもどると、庭の奥からハイキング客が出てくるので行ってみたら、ありました。葛飾北斎の行道山かけはしで知られた、お堂と橋です。
Dsc05994_640
紅葉も空を覆っていて美しい。つらい坂道を登ってきた甲斐がありましたね。
Dsc06003_640
県道284に戻り北上していきます。長閑な栃木の山村に癒されますね。次第に道は細くなり、予想以上に斜度もきつくなり、馬打峠へ。
サイクルベストだけではちょっと寒い日陰のダウンヒル。気温は15度。県道219を右折していくと、284よりはちょっとクルマが多いようです。北上すると左側に蕎麦屋を見つけたのでピットイン。11:30です。大盛蕎麦¥1000と野菜天ぷら¥650を注文。結構なボリュームで満足でした。
Dsc06025_640
Dsc06023_640
さて昼食後は県道をさらに北上し、もう一軒ある蕎麦屋のそばの交差点を直進します。その山の奥になんと喫茶店があり、そこからうねうねと登っていくと松田川ダム、標高254mです。駐車場の紅葉が美しいのですが、堤頂には入れてもらえないのが残念です。
Dsc06031_640
Dsc06032_640
ダムから少し引き返して、狭くて薄暗い林道があるのですが標識がありません。
Dsc06033_640
これが名草方面へ抜ける林道ではないかとちょっと入ってみると、前日光林道起点と書いてありました。
Dsc06035_640
これ、確か熊が出るんではなかったっけで?怖いので、あいほんでビートルズを大音量で再生しつつ坂を上ります。
Dsc06038_640Dsc06044_640
ぐいぐい上る薄暗い林道ですが、路面は意外とキレイで、林を抜けると青空が広がり気分も爽快です。自転車と一台すれ違い、クルマに2台抜かれ2台すれ違い、バイクに4台抜かれ2台すれ違いました。途中で老越路方面と分岐するので右折し、T字路で右折すると下り坂になります。狭いみちですが、駐車場にクルマが数台あり、その終点から砂利道を50mほどで名草の巨石群です。
Dsc06049_640
Dsc06052_640
深い森の静かな谷のなか、幻想的な景色です。このぽつんとある巨石群は貫入花崗岩で、数キロ南東の出流原弁天にも同様に巨石が見られたことを思い出します。 花崗岩は、地下の深い所で、マグマがゆっくりと冷えて固まる際、マグマから石英、長石、雲母などの鉱物が次々と結晶になってできて互いに結晶を埋めつくしながら、生成されます。この古峰ヶ原付近の花崗岩は白亜紀のものらしいです。
 
さて、いま1時半でまだ4時間も走っていないのですが、東京の自宅に4時までに戻りたいので、足利市駅まで急ぐことにします。名草厳島神社から県道218号線に出て、ぐんぐん下っていくとJRの足利駅、その裏の渡良瀬川を渡れば東武線の足利市駅です。45キロの短いサイクリングでしたが、クルマが少ない快適な景色を楽しめたいので、大満足です。

« 栃木の美しい秋:川俣温泉から登る山王峠 | トップページ | 東京も寒かった »

栃木とか群馬とか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 栃木の美しい秋:川俣温泉から登る山王峠 | トップページ | 東京も寒かった »