« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月25日 (日)

浄土平ヒルクライム

浄土平に昇ってきました。

Dsc08692_800

新幹線で福島駅に出て(東武線→久喜→小山→福島だと安い!)高湯温泉経由で昇り、猪苗代湖を眺めてから郡山駅に戻るコースです。

Img_0034

福島駅のホームから吾妻小富士と一切経山が見えるんですね。むかし一切経山から五色沼を通って天元台までハイキングしたことがあります。

Dsc08608_800

福島駅前のコンビニで朝食して9時に出発。駅からまっすぐ県道70を西に進むと、姥堂から山に入ります。ここを左に折れた先にユースゲストハウスATOMAがあり、これも若いころにはよく行きました。

Dsc08612_800

実は自転車で昇るのは初めて。サンダルSPDを履いて重いリュックとミラーレスを担いで。すぐ腰が痛くなってきました。

Dsc08617_800

高湯温泉まで汗をべったりかいて。その後は涼しくなってきて。不動橋に到着。そういえば途中の高湯に自販機があるから、飲料はふもとで買う必要ありませんね。

Dsc08628_800

トンボがたくさん。秋なのか。先週の猛暑はたいへんだったなあ。まったく自転車に乗らなかったからなあ。

Dsc08634_800

不動橋を過ぎると傾斜が緩くなってきて、植生も変わってきます(森林限界じゃなくて火山ガスのせいです)。

Dsc08665_800

振り返ると福島の町がきれいですよ。夜間通行止めなのが残念です。

Dsc08669_800

ここから停車禁止なのと、黒い雨雲が急に覆ってきたので、レストハウスまで2kmを10分間必死で走りました。途中から坂が急になるので心臓パクパクです。(この区間は4Kビデオに撮りました)

12時。レストハウスは吾妻小富士のふもとにあります。雨が降ってきたので、レストハウスで弁当を買って少し休憩しました。

Dsc08677_800

さて、吾妻小富士にもサンダルで昇ったし。あとは郡山まで下るだけです。しかし午後1時ですが、まだ110kmの行程中25kmしか来ていません!

道路最高地点までは少し昇るみたいです。

Dsc08698_800

土屋温泉分岐まではあっという間ですね。

新幹線で帰るためのルートはたくさんあるんです。土屋温泉から福島か二本松へへ。母成グリーンラインで磐梯熱海経由で郡山へ。県道49号中山峠経由で郡山へ。49号は車が多くて楽しくないので、今日は猪苗代経由です。

Dsc08710_800

土湯パイパスを過ぎて国道115号に入ると車が急増しますし、道も狭いので危険ですが、下りですので40km/hでがんばりましょう。途中の若宮交差点は、以前走ったレイクラインとの分岐です。直進して下りますが、459分岐のガソリンスタンドの先で左にそれます。県道323は猪苗代湖まで車が少ないみちを満喫できるルートです。

ひなびた集落でラーメン食べたいな。でも暑いし、16:39の郡山発の新幹線に乗りたいから我慢しよう。。

Dsc08717_800

磐梯山の周囲は水田と蕎麦畑が広がっていました。

山岳の荒々しい景色もサイクリングの醍醐味ですが、麓のゆったりとした情景も楽しみです。

Dsc08731_800

国道49に出たら左折して、トンネル2個くぐったら右折、県道9号を湖沿いに進みます。

Dsc08737_800Dsc08739_800

途中に御霊櫃峠への分岐がありました。少し昇るようなので今日はパスして、もう少し南の県道6号で帰ることにします。

Dsc08742_800

湖南の集落のすぐ南から左折して、三森トンネルまで緩い坂を昇るんですが、片峠ですので、西はゆるやかで、東は急坂なんです。北海道みたいな大自然も満喫できますし、猪苗代湖から郡山へ降りるには結構おすすめです。

Dsc08743_800

県道6号をひたすら直進すると郡山駅のすぐ南に到着するので、便利です。今日は適度な気温だったのに、お盆明けのせいか車も少なく、楽しい山岳サイクリングが楽しめました。





























 

2019年8月 4日 (日)

ロードバイクで中津川林道を埼玉側から登り三国峠へ

タマレンジャーのまかだまさんと、三国峠ライドをしてきました。

関越道が渋滞していたので国道299で秩父に入ります。水分補給は中津川渓谷の自販機でできますが、コンビニは秩父市内しかありません。

中津川渓谷キャンプ場を出発したのは10:40。晴れていますが、標高の高いところは雨雲がかかっています。

走り出してしばらくたつと砂利道の始まりです。

Dsc02083_800 

まかだまさんはグラベル機ですが、私はトレックの通常のロードバイクに26ミリタイヤ(パナレーサーグラベルキング)を履いただけです。今回はパンクどころか切れ目もつかず、優秀なタイヤです。

距離18km、標高差1000m、なかなかのロマン旅ですね。

(今回ロードバイクですが、私はマウンテンもファットバイクも経験者です)

飲料は、スポーツ飲料500ml、頂上で飲むコーヒー350ml、予備として水2000mlを個人で持ちましたが、ずっと木陰で気温も25度以下だったので、ほとんど水分は必要ありませんでした。スポーツ飲料とコーヒーはサドルバッグ、水はボトルに一部入れたほか、リュックに入れて背負いました。

写真は、最初は笑顔のまかだまさん。

Dsc02091_800  

自転車は数台見かけましたが、オートバイが多いんですよね。

自転車は砂利道が走りにくいので、右に行ったり左に行ったりしたいんですけど、オートバイが頻繁に追い抜いていくので、とっても走りにくいです。

Dsc02103_800

トンネルは短いのが2つあるだけなのですが、道路はずっと鬱蒼とした森のなかですから、自転車もヘッドライトは点灯したいところです。

Dsc02109_800

中津川林道はこのあたりの土砂崩れでしばらく閉鎖されておりましたが、この6月に開通したそうですよ。

Dsc02119_800

ゆるやかですがひたすら登り。休憩は10回くらいしたでしょうか。

Dsc02167_800

展望はあまりよくありません。

この砂利をロードバイクで走ると、砂利が滑るのでなかなかつらいです。

Dsc02197_800

延々と続く森の道。

Dsc02211_800

GPSについている高度計で残りの距離を見ていきます。

標高1740m。埼玉県と長野県を結ぶ三国峠です。思いっきりゆっくり走って、13:40到着です。

Dsc02215_800

帰路は少し雨に降られましたが、ずっと森の中でしたので体はあまり濡れず。自転車はけっこう汚れました。

ホイールは、完成車を買ったときに付いていた安物です。26ミリのタイヤでこの砂利道をよく耐えてくれました。靴は登山口にして、ペダルはフラットペダルにしておいたんですが、これは正解だったと思います。それほど荒れた林道です。

あと、下りはガタガタしてブレーキも効きにくく、ロードバイクだとかなり怖いですね。

帰路は国道140のループ橋の下にある大滝温泉へ。カラダの芯まで温まる快適清潔な温泉でしたヨ。

Img_9686_800

もう夕方17:30なので秩父でご飯です。

野さかは午後15時までしか営業していないそうなので、W丼で有名な「ちんばた」でディナーです。夜は17:30開店。

巨大なわらじトンカツと、巨大なみそ豚2枚の巨大なW丼。かなり大きくて、苦労して食べました。

Img_9697_800

帰路は関越道回りで。サイドミラーに夕日が輝きます。

Img_9702_800

外環からは戸田橋の花火大会が見えました。

Img_9706

なかなか行けなかった憧れの中津川林道と三国峠。安全で楽しい旅ができました。

まかだまさん、今回もありがとうございました。

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »