« 秋を感じながら吉見へ | トップページ | 久しぶりの鎌北湖は輝いていました »

2018年11月23日 (金)

荒川左岸の楽しみ

サイクリストの多くは荒川右岸(西側)を走るんだと思いますが、私のお勧めは左岸です。

下流の新小岩では東京スカイツリーと富士山を並べてみることができますし、ご覧のとおり、埼玉に入る都市農業公園でも富士山の雄姿を楽しめます。

20181123_1_512

秋が瀬公園を過ぎて羽根倉橋から富士山もばっちり。

20181123_4_512

ご存じ田んぼの中の角。

20181123_5_512

榎本牧場を過ぎると農家の軒下を縫うように走ります。

20181123_10_512

今日はランチのため御成橋から東に向かって鴻巣駅を通り過ぎます。

20181123_20_512

ご存じ「長木屋」です。鴻巣名物の川幅うどんはここが一番おいしい。

20181123_15_512

岐路も左岸です。強い追い風に心も弾みますnotes

20181123_29_512

榎本牧場でアイスを食べて缶コーヒーを飲みます。

20181123_39_512

上江橋の手前でタマレンジャーのしんすけさんとすれ違い。一緒にお茶することにしました。桃月園皐月家香麦荘という長い名前のカフェを見つけました。カレーやスイーツも充実してるので、ふだんはここをベースにすればいい感じ。

20181123_43_512

荒川をほんの120kmくらい走るだけで旅気分が味わえて最高です。それでは。

« 秋を感じながら吉見へ | トップページ | 久しぶりの鎌北湖は輝いていました »

荒川近辺ポタリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋を感じながら吉見へ | トップページ | 久しぶりの鎌北湖は輝いていました »