« 滞在型サイクリングのメリットについて | トップページ | 大峠トンネル(国道121号) 会津から白石まで »

2012年9月23日 (日)

尾頭トンネル(国道400号) 宇都宮から会津へ

2012年8月、栃木県から福島県、山形県を経て宮城県まで、ツーリングに行ってきました。タマレンジャーのmoryさんと一緒です。

東北ツーリング1日目は、宇都宮から塩原温泉を登り、121号線で福島県へ峠越え。
会津若松で城を見物してから熱塩加納の温泉に宿泊です。

東北ツーリング2日目は、喜多方から奥羽山脈を越える大峠を通り、山形県米沢市へ。さらに宮城県へ越えて七ヶ宿街道へ。

2日間の旅で通過した城下町は、宇都宮、会津若松、米沢、白石、仙台。山や畑の道を辿ると時折たどり着く大きな城下町。それらを結ぶ街道の風情や峠の厳しさを体感した旅でした。

温泉、渓谷、滝、トンネル など、見所の多いルートでした。

1_1

宇都宮に集合後、クルマの多い4号線を避けて県道を進みます。

塩原付近で国道に合流するとなかなかクルマが多い。

1_2

ときおり見える渓谷が心をなごませてくれます。

1_3

ただ温泉街を過ぎると車も減り、ゆるい坂を淡々と登ります。

1_4

大きなU字型ループを登りきると、するに尾頭トンネルです。

全長1782m。塩原側から鬼怒川側にかけてゆるい下りなのですぐに抜けられます。

1_5

国道121号に合流して会津に向かって進みます。

1_6

すぐに山王トンネルです。3年前に来ましたネ。

465mしかなく、福島県側に向かって降りていくので問題ありません。

1_7

「道の駅たじま」で昼食とソフトクリーム。山ぶどう味。

1_8

1_9

この国道121号、なかなかクルマが多くて道はさほど広くないので、自転車乗りには評判悪いです。

道中飽きてしまうので、塔のへつりなどを見物。

1_10

雨予報だったけど、運よく降られず。

会津若松には3時過ぎに到着しました。

かなり観光客が多くてビックリです。

1_11

福島県の浜通りには観光に行けないのと、来年の大河ドラマの舞台になるから、のようです。

1_12

若松からは混雑する国道を避けて県道を進みます。

山の中のひなびた日中線記念館で休憩。

1_14

宿泊は熱塩温泉の山形屋。

いいお湯でした happy01

1_15

料理は「会津牛と米沢牛の食べ比べ」とか。

とっても美味しかったけど、違いはよくわかりませんでした (^-^;

1_16

« 滞在型サイクリングのメリットについて | トップページ | 大峠トンネル(国道121号) 会津から白石まで »

福島県まで走ってみた」カテゴリの記事

コメント

熱塩温泉の山形屋 いい宿ですよね。
会津に行ったらまたここに泊まりたいです。
http://blog.kuruten.jp/cycling/1078

オビワンさん、
山形屋にいらしたことがあったのですね。
いい料理、いい温泉。
福島がますます好きになりましたよhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 滞在型サイクリングのメリットについて | トップページ | 大峠トンネル(国道121号) 会津から白石まで »