« 鬼怒川は利根川に注ぐよ | トップページ | 雨のサイクリング »

2012年3月12日 (月)

春の兆し@越生梅林

この週末は天気が荒れていて寒かったのですが、

月曜になると一転し、快晴の自転車日和になりました。

7時に自宅を出て川口から荒川サイクリングロードに入ると、、、

Dsc06328

富士山がクッキリ見えましたヽ(´▽`)/

それにしても荒川の冬は工事が多すぎる。

地方の農家のかたが閑散期に働くための工事だからちょっと同情するけど、

散水車で水を撒くのはヤメテ欲しかった(ノ_-。)

コルナゴひまわりちゃんが水で汚れてしまうのでないのさ。。。crying

Dsc06332

川口から秋が瀬公園まで1時間、田園の中を走ると正面に富士山っgood

Dsc06347_3

国道16号線の上江橋からも正面に富士山 パチリっcamera

Dsc06352_2

荒川から富士山が見えるということは、寒くて風が強いということですが、

荒川土手には菜の花もチラホラと。

Dsc06359

今日のガッカリ

越辺川経由でシロクマパンで最初の休憩。

と思ったら、月曜日は定休日でした。

仕方ないからすぐ近くのセブンイレブンで補給しました。

不満じゃないですけど、なんだかモチベダウン downwardright

.

越生梅林は、ようやく開花し始めた感じ。今週末が見ごろでしょう。

Dsc06375

梅林横から山村の小道をクネクネと。

弓立山入口。

今日は「未知の道」めぐりをコンセプトにするので、山には登らず、左へ。

Dsc06381

途中の集落から、東京から埼玉まで見渡せました。

肉眼では東京スカイツリーが見事に伸びていたのですが、、、

Dsc06388

ここで電脳自転車乗りの実力の見せどころ。

って程のではなく、デジカメで拡大機能を使用してみると、、、

Dsc06389

冬は涼しくて冷却効果も強く、景色もいいですね!

なんて思いながらお腹が空き始めた11時半。

都幾川の田中交差点近くの蕎麦屋で「ときがわ御膳」をほうばるrestaurant

Dsc06399

.

で、まだ走り足りないので、未知の林道をガーミン800Jから呼び起こします。

「。。。林道赤木慈光線など、いかがでしょうか、ご主人様」

Dsc06402

「では、まいろうか」などとつぶやいてから1分登ると、、、

熊注意

しかも小さい字で

Dsc06405

平成24年2月熊の出没がありました

アブネ━━Σ(゚д゚;)━━!!

Dsc06407

さらに数分行くと、熊のために通行止めになっています。

去年の日光山伏峠や松姫峠にような怖さです。

無理な通行はヤメテおきましょう。

って分岐を左に行くと、、、

Dsc06408

Y字路。

人生のような選択肢。

左は安楽な下界へ。

 

右は18%が続くと思われる上り坂。

Dsc06411

御期待通りに右を選択するとミカン農家が点在する山村に。

道路に廃棄したミカンが大量に転がる激坂を。

途中のスイセンに心洗われながら、

心の中では「クマさん出ないでw」という複雑な男の子。

Dsc06416

道が傾斜を失うところで婆さん二人連れに遭遇。

 「それじゃクマさんに食べられちゃうよ!

  美味しそうだからネ!!」

と言ったか言わなかったか忘れましたが、クシャミが止まらない。

ちなみに鼻水も涙も止まらない。

なんだか花粉症みたいなので、ここから先の探求は諦め、帰宅することに。

Dsc06422

明覚から高坂までは下り坂。

急に出てきた猛烈な風のなか、懸命に下ることにします。

高坂で抜いたローディーは、時速50で巡行するなか、荒川まで付いてきました。

あなたの実力なら風除け不要じゃろ、なんて思いながら、

荒川土手から左にイン!榎本牧場までの近道にそれると

さっきのローディーは「じゃね!」とひとこと。いい奴だなぁ(o^-^o)

なんて無邪気に思いながら荒川の橋に至ると。

.

通行止め。

Dsc06428

Dsc06429

ふー。

サイクリングにアイスは付きものだよなんて言ってますが、

遠回りして食べたいかというと、、、メンドくさい。

がーっと走ってしまえって、すぐに秋が瀬公園に到着です。

よく見ると小さい花がたくさん。

Dsc06435

梅はまだ早いようですが、着々と春が近づいて来ているようです。

でもクシャミが止まらないから、早く夏になって欲しいなーーーー

« 鬼怒川は利根川に注ぐよ | トップページ | 雨のサイクリング »

奥武蔵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鬼怒川は利根川に注ぐよ | トップページ | 雨のサイクリング »