« ツールド妻有2010 の 前日の物語 | トップページ | 日光 霧降高原と大笹牧場 »

2010年8月31日 (火)

ツールド妻有2010

Dsc07733_2

今年の夏の最後のイベントは、ツールド妻有。

新潟県南部の美しい山村を巡る120キロ。

坂が好きな人、地元の人とのふれあいが好きな人、旅情派な人。

そういうサイクリストにぴったりのイベントです。

Dsc07660

参加者は、去年の半分の300人。

定員自体が減ったのですぐ満員御礼だったとか。

今年は、タマレンジャーは、緑かピンクのジャージで参加しました。

途中で何回か、「あ!タマレンジャーですね!!」と声かけられました。

Dsc07668

Dsc07673

Dsc07683_2

今年の補給所は少し減りました。

ただ、補給食は去年より数段グレードアップ!!

おにぎりのほか、笹団子やパエリャなども Good!!

Dsc07703

もちろん地元の新鮮な野菜も、とっても甘くて美味しい。

Dsc07721

Dsc07725

標識がたくさんあるので迷いません。

Dsc07730

Dsc07753

コースは、とんでもない山道ですが、

とんでもないところに補給所があって、大助かりでした。

Dsc07762

Dsc07772

Dsc07785

「農舞台」が中間地点。ここには11時には到着したいところ。

ただ、急ぎすぎたら120キロはあっという間に終わってしまいます。

せっかく新潟に来たのにモッタイナイです。

ゆっくり補給の蕎麦でもいただきましょう。

Dsc07793

休憩中のタマレンジャー。お名前は伏せておきます (゚ー゚;

Dsc07797

後半は、peromiさん、うめさんと同行させていただきました。

とくに山岳派のうめさんの走りには見習うべき点が多く、勉強になりました。

Dsc07804

ところどころに、不思議なオブジェがあります。

でも、棚田の美しい景色が、一番美味しいです。

Dsc07831

Dsc07839

Dsc07854

最後のつづら折では、peromiさんがすさまじい速度で追い込んでいました。

Dsc07863

信濃川が見えたら、もうすぐゴールです。

Dsc07873

Dsc07877

今年も、地元のみなさんありがとうございました。

ツアーを企画していただいたMARUさん、

前日案内していただいたperomiさん、

クルマに便乗させていただいたtakecyさん、

それから、一緒に走ってくれたタマレンジャーのみなさんに感謝!!

また来年もよろしくお願いします。

« ツールド妻有2010 の 前日の物語 | トップページ | 日光 霧降高原と大笹牧場 »

ツールド妻有」カテゴリの記事

コメント

ブランコに鈴がついてて涼しげだったので楽しんでたのに...。邪魔しおってからに...。
今回もきつかったなりに楽しかったです。来年は猛暑対策を考えて挑みます。
あ~たは自走ね!

しんすけさん
・・・だから、一緒に自走の練習しましょうよ。
   山中湖どうですか??

それだけ余裕あるなら来年は完全自走だね(笑)さらに日本海まで走っちゃって下さい!

乙でした~。
サスガ、旅情派!最後まで景色を楽しむ余裕があったのね。
第3ASあたりから先は、激坂の記憶しか残ってませぬw。

MARUさん
国道353は日本海まで続いているので、
挑戦してみようかな。
って危うく乗せられそうになった(・_・;

オビワンさん
二度目なので以外とつらくなかったです。
あ、去年見た道だ!とか思ってるうちに
ゴールしちゃいました。
やはり旅情のココロが大事なのです。

お疲れ様でした
今回の方が楽とは・・・
 斜丸の効果ですか(笑)
やっぱり当方とは、エンジンの作りがまったく違う(>_<)
オンボロ空冷エンジンには、あの暑さは堪えました(+_+)

お疲れさまでした。
私より格段に強いあらごんさんから見習われるような走りは
出来てないと思うのですが。。。(^^;
後半は、大部分をご一緒していただき、旅情以前に暑さで
へろへろになりそうだったのを踏みとどまれました(^^)。

お疲れ?さまでした~。
私も走るまでは「景色を楽しまなくちゃ勿体無い」と思っていましたが、心の印画紙は感光しちゃったみたいで真黒ですw

takecy13さん
 いろいろお世話になりました。
 今回は、脚の無さを斜丸でごまかしましたcoldsweats01
 やっぱり旅情派は苦痛より快適を選ぶのです。

うめさん
 暑い坂を引っ張っていただき、助かりました。
 ひとりじゃ気力が持ちません( ^ω^ )
 私は下りが下手なので、
 ライン取りが参考になりました。

row-kumaさん
 今年は子供と遊ぶ時間が多くて自転車に乗っていないせいか、
 ちょっと体力が余っていて、今回の妻有は楽しめました。
 やっぱり普段の怠惰な生活がもたらした快感のようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223181/49308730

この記事へのトラックバック一覧です: ツールド妻有2010:

« ツールド妻有2010 の 前日の物語 | トップページ | 日光 霧降高原と大笹牧場 »