« 利根流域の名桜を巡る(前編) | トップページ | 利根流域の名桜を巡る(後編) »

2010年4月10日 (土)

霧降高原ヒルクライムと・・・

昨日の夜、「お休み」を言いに来た5歳の娘は、

 「明日は幼稚園がお休みだから、たくさん遊ぼうネ heart01

と、言い残していきました。

                                              .

しかし今日は、4時半にコッソリ起きて、西新井駅5:20の電車に乗り込みます。

新越谷からは、しんすけさんも合流。

Dsc05050

今日は、服装に悩みました。

日光は昨日、降雪だったらしいのですが、今日は最高気温15度の予報。

しかしさすがに標高1500メートルの霧降高原は、10度くらい気温が低いかも。

出発の10分前まで悩んで、結局、夏ジャージ上下、ウォーマー上下、ウインドブレーカー

東京では暑いくらいですが、日光に着いたら寒かった crying

日光で、JRで輪行してきたmoryさんと合流しました。

                                                                                                                  .

東武日光駅のコインロッカーに荷物を詰めて、8時半に出発します。

駅のそばの橋から男体山がよく見えます。

急に晴れてきました。 (*^-^)

Dsc05059_2

橋を渡ると、イキナリ10%の急勾配が続きます。

先頭を曳くmoryさんが急に立ち止まるので、指差す方向を見ると・・・

Dsc05062

シカです。心が和みます (o^-^o)

Dsc05071

でも、急坂は許してくれません。

日差しが強くなり・・・

冬ジャージのしんすけさんがヒトコト、「暑い」と・・

                                                      .

Dsc05095

景色はまだまだ冬模様。

でもしんすけさんはジャージを脱ぎ始めました。

                                                                                                                  .                               

Dsc05103

今日はクルマが少なくて走りやすいです。

日差しも暖かく、自転車日和です。

                                                                                                              .

Dsc05117

標高1200くらいまでは「暑い暑い」気分でしたが。。。

遠くの山に見えた雪がついに路面にまで・・・

                                                                                                  .

Dsc05122

この頃になると、日差しが弱まってきました。

Dsc05134

霧降高原。自転車なら日光駅から1時間15分くらいかな。

Dsc05138

六方沢橋は、霧降道路のほぼ最高地点にあります。

向こうの山にガスがかかってきましたが。。。。

                                                                                                                                        .

Dsc05154

数分でこんな感じ。

夏ジャージだとダウンヒルで凍え死んでしまうかも。

厳冬仕様のmoryさんが、かえって羨ましいです。

この先に進むのは危険と判断し、引き返すことに。

ああ、大笹牧場のソフトクリーム、食べたかったなぁ (ノ_≦。)

                                                                                                                       .

30分ほどのダウンヒルを堪能し、東武日光駅の入り口に見つけたのが、この店。

Dsc05157

大笹牧場の支店が、日光駅前に ヽ(´▽`)/

Dsc05160

ソフトクリーム、300円なり。

美味しかったです good

Dsc05169

さて、次は、いろは坂かな、それとも細尾峠かな。と作戦会議。

ここで無理やりお付き合いいただいたのが、県道14号線ルート。

日光から鹿沼まで、山間を抜けるコースで、地元のローディー愛用のトレーニング向けな道。

Dsc05176

ちょっと桜には早かったのですが、山村の美しい景色が、魂に訴えかけます。

しんすけさんが、「新潟の妻有みたいだ」とおっしゃっていました。

確かに似ています。美しい風景と小さな峠のこまめなアップダウンが楽しい道です。

Dsc05186

古峰街道と合流し、渓谷沿いに南下します。

ここからはずっと下り坂です。

                                                     .

Dsc05193

鹿沼に入ると、桜がきれいでした。

今日は栃木県南部で、桜は満開です。

桜の季節はそわそわします。

  「今年は、何本の桜に会えるだろう」

などと旅情派の私は焦ってしまいます。

今日は、鹿沼や栃木の満開の桜を堪能しました。

Dsc05196

Dsc05202

すっかり平野に入ると、栃木市はまもなく。

東武線の新栃木駅から、しんすけさんと私は輪行。

moryさんは当然、自走で帰宅します。

                                                    .

今日は、憧れの霧降高原ヒルクライムも達成しましたし、

美しい栃木の山村のサイクリングも楽しめました。

しんすけさん、moryさん、今日もありがとうございました。

                                                                                                                .

留守にした家族には、駅の売店で大きな焼き饅頭をお土産に happy01

Dsc05220

                                                      .

さて、一緒に遊ぶはずだった娘は、ピアノの練習がうまくいかず、ふてくされていましたが、

お父さんが帰宅すると機嫌を直して、ほっぺに チュー heart04

50

自転車ばっかり乗ってないで、家族も大事にしないといけないと反省しました。

« 利根流域の名桜を巡る(前編) | トップページ | 利根流域の名桜を巡る(後編) »

栃木とか群馬とか」カテゴリの記事

コメント

きょうも楽しかったです。
ありがとうございました。温度差には参りましたが...。
ところで、可愛い盛りのお嬢さんを置いて、お父さんは自転車しちゃってるんですね~。そろそろお嬢さんにロードをプレゼントされては?

お疲れ様です(^.^)
いけないおとーさんですね(-.-)
しかし、素晴らしい景色を届けていただいて
ありがとうございます(笑)
こういう、景色は減量しないと見に行けないので
残念です(-_-)

写真みてるだけで心が洗われますなぁ。
走ってるともっとなんだろうなぁぁぁ。
とっても羨ましいでっす。

娘さんとっても可愛らしいですね。(*゚▽゚)ノ

しんすけさん
今回も楽しいツーリングありがとうございました。
さっそく麦草に向けて体力増強しなきゃ。

takecyさん
減量効果を感じることができました。
豆腐食べるだけで山が登れるなら
なんだか得した気分です。

おるべーさん
自転車の醍醐味は、やはり輪行かもしれません。
山と美食と温泉。
子供と一緒に行けるといいのですが、、、、

昨日はお疲れ様でした!
霧降高原は景色も坂も最高でした。
実は途中まではロードを始めて間もない時に登ったことがあるのですが、あの時では考えられなかった頂上まで登れてちょっと感動(^_^)
県道14号もいい坂で楽しかったです!
お花見の埋め合わせで日本全国どこへでもお供致しますので、その時はお声かけ下さい(自走歓迎)!

moryさん、お疲れ様。

じ、じそうですか・・・
次回は300キロですね。
GW、どこにしましょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 利根流域の名桜を巡る(前編) | トップページ | 利根流域の名桜を巡る(後編) »