« 2009年3月8日 - 2009年3月14日 | トップページ | 2009年3月22日 - 2009年3月28日 »

2009年3月21日 (土)

自走不動 前線通過中

まかだまさん、moryさんと筑波山までツーリングでした。前線通過で少々雨の予報でしたが、翌日は仕事のひと、娘と遊ぶひと、悠に行くひとなど、それぞれ自分の人生があるので、雨天決行となりました。

雨雲の途切れた朝8時、自宅近くまでお越しいただきましたが、途中で豪雨が数回。つくばエクスプレス六町駅、江戸川の常磐自動車道、利根川の常磐自動車道で雨宿り。

今日は10時過ぎから暑いと聞いていたので夏ジャージで出陣したのですが、寒い。耐寒仕様のmoryさんがうらやましいです。

1

福岡堰でおれんじきゃのさんと待ち合わせ。すでに11:30。予定より1時間遅れてしまいました。おまけに、右足のひざの裏の筋肉が痛み始めました。ポジションを替えたわけでもないのに、スジが合ってない、という感じ。でもがまんがまん。

きゃのさんの差し入れパンで補給し晴れてきた筑波山麓を行進します。

今日は平沢のトイレで声を掛けられる心配はありません。安心して不動を登ります。しかじ結果は16分。記録が伸びません。

雨上がりなので裏には下りずすぐ引き返します。筑波山頂が晴れています。朝の豪雨が嘘のようです。

2

3

福岡堰できゃのさんと分かれたあとは、「追い込みたい。早く家に帰りたい」という無言の圧力と追い風に助けられ、28キロを少し上回る速度で巡行。

雨のなか、皆さんお疲れさまでした。といっても上記の写真では想像がつきませんな。

2009年3月16日 (月)

初めての坂ばかり

row-kumaさん壮行会ということで、タマレンジャーが多摩湖に集合。

集合場所は鶴ヶ島のレストランですが、その前にちょっと峠を巡るというツアーをNARU さんが企画していたので、参加させてもらいました。

集合場所は新小平駅。集合時刻は朝7時半。どうやって行くのか皆目検討がつきません。じっと地図を見て、環八、富士街道、青梅街道で進むことにしました。   足立区住民の自分にとって馴染みのない道ばかり。

距離は40キロ弱ですが、初めての道ですし、環八は自転車が走れるかわからないし、富士街道は信号だらけ。いったいどれくらいの時間がかかるやら。

余裕をみて5時に家を出ます。5時半に岩淵水門。闇夜に月が光ります。

1

なんだかんだいいましたが、結局7時前に新小平着。

NARU さん、peromi さん、た~ぼ~さん、GURI さん、トレヤ さん、れべるさんと私で総計7人。坂が遅いので、皆さんの迷惑にならないように気をつけますです。

走り出してからも私は知らない場所ばかり。

笹仁田峠、山王峠、倉掛峠、東峠。

権現堂、鎌北湖。

エーデルワイスCC

時々、名栗道とか国道299とか越生梅林とか通るので、局所的に知っていますが、「ああこんなところに出るんだ」って不思議な気持ちに満たされました。

こういう坂もありました。写真は小さめに掲載いたしまする。

3

倉掛峠を降りたところでは、なぜかすれ違うかたもいたり。単独行で、思い出のルートをたどっていおられたそうです。

2

峠巡り楽しかった。NARU さんありがとうございました。

鶴ヶ島市って、実はわたくし生まれて初めて参ります。

4

食事のあとも知らない道ばかり。多摩湖へ向かって威勢良く出発したのですが・・・

途中で不老川を横断。ここはよく知ってます。荒川から飯能へのショートカットです。

新所沢の古代東山道を走ったり。ってみんな知ってました??

道が複雑で、折り返してみたり、ダートもあったり、狭い歩道を走ったり。た~ぼ~さんがスプリントできないよう工夫されたルートです。

5

多摩湖で記念撮影後は、らんぱぱさん集団に乗っかって、初めてのうらとこ国道。

らんぱぱさんハウスからはた~ぼ~さんの牽きで時速40キロ車道走行。「この坂はスプリントで行きましょう!」って気軽に言われてしまいましたsmile

ヘトヘトになりながら秋が瀬橋でた~ぼ~さんとお別れしました。

早起き、峠ばかりの190キロでした。あー楽しかった。

« 2009年3月8日 - 2009年3月14日 | トップページ | 2009年3月22日 - 2009年3月28日 »

無料ブログはココログ