« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月22日 (水)

石廊崎ツアー その2

早朝の芦ノ湖

0

よほどの物好きなのか、ノール隊長の呼びかけに深夜23時半に日本橋に集合。

合計4人で東海道を西進します。

1

途中で高速道路のような藤沢バイパスを通ったりしまて・・・

2

小田原には4時過ぎに到着。

3

箱根湯本で5時。すっかり明るくなりました。

4

左からチームマリアローザのA氏、ヨヨマンさん、ノール隊長。

5

確か茅ヶ崎あたりの身辺不詳の自転車屋がジロ・デ・箱根とかを企画していて、

茅ヶ崎から箱根峠を2週して帰るとか・・・

箱根には、新道、旧道、県道がありますが、そのうち県道を登ります。

6

小田原から一気に800メートルを登る。

この傾斜を見てくれ!!

10%どころか、15%近い道が延々と続く。

早朝5時過ぎなのに汗ダクダク・・・ (@Д@;

7

茶店もまだ開いてません。

芦ノ湖に着いても、ガラガラで人がいません。

トップの写真のように美しい景色に和みます。

なんたって旅情派ですから!!

8 

事件は箱根峠を下り、三島から天城峠に向かう道で起こりました。

長岡駅から参加されるかたがいるので、ノール隊長、しきりに道を尋ねます。

あの格好で、なぜかきれいな女性ばかりを呼びとめ、道を聞くこと数回。

最後に呼び止めたのは、なぜか男性。

 「あれ? なぜ女性に道を聞かないんだろう?」

と徐行しながらボーっとしていたのが運の尽き。

側溝カバーの隙間に前輪が はまって前転してしまいました。

あっというまに転がる私。

瞬間を誰にも見られていないので記念写真がなにのが残念。

ホイールが5センチくらい溝に はまってました。

奇跡的に、後続の車にも轢かれず、

擦り傷ひとつなく、

こないだ換装したケンタウルのブレーキレバーも傷なし。

ちょっとホイールがフレていたので、伊豆長岡でめでたくリタイヤしました。

なぜかまだ朝。8時48分の電車で輪行し、新幹線で10時過ぎには東京駅。

よく見ると、リアディレーラーのエンドが曲がっていました。

あーあ残念。

                                                                                                               .

<今日の教訓>

   足元を見て走ろう。

                                                                                                        .

2009年7月21日 (火)

石廊崎ツアー その1

新幹線で帰って来てから、子供の体操教室や自転車屋に行き、忙しい1日でした。
徹夜ランだったので夜も9時には子供と就寝。
という訳で今回は旅の落とし物リストだけ記載します。

深夜23時40分に東京は日本橋を出発した珍道中。箱根に登り芦ノ湖に着いたのは5時半頃。
どこかで温泉に入るかもしれないと持参したタオル。リアバックから取り出し、峠道の汗を拭います。ところが記念撮影後に立ち寄ったトイレでついつい床に落下。ああ汚れちゃった。温泉に行けなくなってしまいました。(ノ_≦。)

ちょっとくだらない話題でしたね。続いて落としたのは安全に関するもの。
箱根峠からの下りは超ロング。駿河湾と三島の街を見下ろしながら時速60キロ。ただうねうねカーブが多くて小さい荒れも路面に目立ちます。
滑り止め用の赤い特殊なガタガタ。高さ一ミリ位ですが、ロードには大きな障害です。度重なる振動のためにフロントライトが外れてすっ飛んでしまいました。時速60キロですから粉々。ほんとに粉々なんですよ。

もし落車だったら助からないと思いました。このときまでは・・・

続く

2009年7月13日 (月)

風張峠、松姫峠

会社の2人と、奥多摩へ向かいました。

朝4時半の岩淵水門。少し明るんでいます。

1_2

環八と富士街道、青梅街道で武蔵五日市には7時前に到着。

2

ノール隊長とHさんをお待ちします。

たくさんのローディーが行き交ってました。

自転車のメッカなのですね。

ファンライドの前編集長K氏も見かけました。

このあたり山岳仕様の本格的なチームが多い。

荒川からタマレンジャーのピンクで攻めてきた私はちょっと違和感。

いや、違和感の前に、この光景を見よ。

恐れ多くも同行の2人であります。

3

右がノール隊長。

22キロのママチャリで大田区から自走。

こんな感じで毎週何百キロも走ってるらしいです。

左がH氏。

20インチのミニベロで港区から自走。

こちらはほとんど乗っておられないそうですが

ノールさんの計略どおり参加されました。

しかも港区を3時半に出て自走とは・・・

                                                  .

「らしい」とか「そうです」って言うのは、

お二人とも今週初めてお会いしたからなのです。

うちの会社、自転車海苔が意外と多いようです。

4

都民の森はバイクと自転車だらけ。

トイレも売店もあるので重宝します。

とりあえずソフトクリームでしょ。

少し休憩した後は風張峠に向かいます。

5

東京都の自動車道の最高地点。

そういや国道最高地点に行ったのは2週間くらい前だったか。

もう忘れかけてます・・・

6

奥多摩湖。素晴らしい眺望。

この2台、結局ママチャリのほうが、距離と獲得標高が多いんですから!!

ここからは爽快なダウンヒル。

転倒したバイクが2台いましたし、

鶴見慎吾氏のチームがうじゃうじゃいましたよ、、、

                                                                                    .

奥多摩湖畔で、やはり同じ会社のヨヨマンさんと初めてお会いしました。

実業団登録されているそうですので、是非弟子入りさせてください o(_ _)oペコッ

                                                                           .

さて、ここで、Hさんやヨヨマンさんたちとお別れ。

ヨヨマンさんが今降りてきた、松姫峠1250メートルを目指します。

7

それにしてもノール隊長、速い速い。

片手でビデオ撮りながら登ってるんですよ。

ダンシングもせず、サンダルで。

繰り返しですが、マシンは鉄ママチャリですよ。 good

9 

私はロードなのにハアハア言いながら風景写真を撮ります。

字がよく見えないが・・・

この付近で何が目撃されたって?

よく見えませんし、坂が10%で10キロ以上続くので、ゼーゼー。

でもしかし、私は7キロ代のピナレロ。

しつこいようですがノール隊長は22キロのママチャリ。

8

偉大なる隊長に敬礼せよ!!

なぜに同じスピードで追いかけてくる?

すでに120キロを走破し、風張峠も恐るべきスピードで登坂したと言うのに。

11

松姫峠。前後10キロくらいずつの長い峠。人家がまったくない、秘境です。

国道なのに、森が覆っていて、ひんやりしています。

頂上目前で、森の中から

   うるるる るるる・・・

という声が聞こえたときは、怖くてノール隊長をちぎって逃げてしまいました。

隊長によると、猿の鳴き声だそうです。

12

つづら折の国道を、ママチャリで、片手でビデオを撮りながら、

時速50キロで下る、の図。

途中でちょっと追い抜き、ブラインドカーブを曲がったそのとき。

                                                           .

  見ましたっ!!

                                                                                 .

体長80センチくらいの黒いクマのぬいぐるみが道路を左から右へ横断していきました。

あと1秒で轢いてしまいそうでした。

助かったな、ぬいぐるみ君。

                                                                                 .

あれ?

さっきの看板。「熊の目撃情報」。

子熊のそばに母熊あり。

ヤバイゾ-----------------------------------------------

13

一目散に逃げてきた深城ダム。

人家はないが、ここにはトイレもあるし、自販機もある。

さすがに熊が現れるところではない、ハズです。

ヨヨマンさんたちは、この道を逆に登ってきたんだ・・・

3時間くらいかかるんじゃないでしょうか??

                                                                     .

峠に比べて気温も高くなり、ウィンドブレーカーを脱ぎます。

松姫の集落を抜けて快調なダウンヒル。

ただし若干のアップダウンあり

10_2

邪魔な乗合バスを後ろから60キロで追い立てるママチャリ暴走族の図。

14

おっと16時。

ここから自走して高尾を超える、とノール隊長はのたまいますが。。。

15

今から輪行すれば、娘と夕飯を食べ、一緒に風呂に入ることができます。

それだけがお父さんの存在意義??

大変申し訳ありませんが、ノール隊長と別れて中央線で帰宅しました。

だって、ママチャリはホイール取れないから輪行できないんですもの 。゜゜(´□`。)°゜。

ノール隊長、真っ暗な多摩川を下っていらしたと想像いたします。

翌日は、大田区から自走して宮が瀬ツーリングだって。。。。

2009年7月 5日 (日)

渡良瀬遊水池(レンタサイクル)

西新井から自走で来たことは二度ほどあります。
ちょうどセンチュリーライドな距離ですが、
江戸川利根川のエンドレスな風景と、
渡良瀬遊水池のひたすらトレーニングコース的な平地感に、
ちょっと辟易しそうな。

今日も昨日と引き続き雷雨をほのめかす天気予報。
昨日は福島県吾妻小富士、今日は長野で麦草峠を登る計画だったのですが、
天気予報のために、勇気は減退。

今日は東武鉄道で板倉東洋大前へ。
レンタサイクルで渡良瀬遊水池を巡ることにしました。

ところが、板倉東洋大前駅の前のレンタサイクルでは、
子供用自転車は20インチしか置いてなかったのcoldsweats02で、
5歳の娘(普段は16インチ補助なし)は自転車をあきらめ、
代わりに持参のキックボードでサイクリングすることに。
1 
お昼のあとは当然ソフトクリーム。
道の駅きたかわべで、バナナミックス。250円でお買い得。
2 
この週末はロードには乗れなかったけど、
レンタサイクルで娘と楽しく過ごしました。
3 

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »