2018年7月17日 (火)

RAAM2018 クルー参加しました

2018年6月にRAAMライダーのクルーに参加してきました(◎´∀`)ノ

Dsc02352_512

Dsc03480_512

Dsc03153_512

RAAMとは

Race Across AMerica。ツールドフランスを上回る距離を走るワンステージレース。1982年から開催されている北米大陸自転車レース今年2018年で37回目。今年2018年のコースはカリフォルニア州オーシャンサイドからメリーランド州アナポリスまで、距離4939km、獲得標高54701mを12日間以内で走るルールとなっています。(高年齢または女性は少し時間が長い。またチーム参加の部も同時に行われる)

Dsc02644_512

Dsc02691_512

Dsc03163_512

RAAMの面白さ
時間が非常に短い。何か月かかけてアメリカ大陸を横断するひとはたくさんいます(それはそれで偉業だ)が、RAAMは時間制限が厳しい。たった12日間で5000kmを走るためには単純計算で毎日420km、時速25km巡行で17時間走行を毎日続ける感じ。40度を超える砂漠や標高3300mのロッキー山脈、トレーラーが時速130km/hですぐ横を突っ走るハイウェイ、アパラチアの延々と繰り返す登り返し。途中大草原の真ん中で雷雨に会い我々はクルマに退避しましたたが、雷の中を堂々と走り抜けて完走した女性ライダーもいました。毎年30人ほど出走しますが完走するのは半分に満たないそうです。
ライダーはいろいろな症状に悩まされました。心配された腰痛だけでなく、熱中症、睡眠不足、お尻のおでき、そして致命的だったのが首の痛み(シャマーズ・ネックと呼ぶそうです)。ロングライドの経験豊富なライダーは首の痛みは経験したことがなかったそうですが、アメリカの路面にたくさんある段差や亀裂越えを首の筋肉が耐えられなかったようです。

Dsc03854_512

Dsc04149_512

クルーとして

いわゆるブルベやPBPと違うのは、サポートカーの存在です。
サポートカーの存在意義は、①機材の修理交換や②飲食物補給だけでなく、③休憩場所の提供(外は猛暑だ)や④一般交通からの保護(高速ハイウェーや飲酒運転地帯を通過する)にあります。他のチームや巨大なキャンピングカーやRVを展開していたが我々にはそれはかなわず、小型車でのダイヤ運用や荷物の整理整頓に苦労しました。クルーメンバー自身が不眠不休で12日間進むわけにはいかず(ライダーが休憩していつ動き出すかわからないのでサポート中は全く眠れない)、結局12人が休憩ダイヤを含めたいろいろな組み合わせでサポートを行いました。

Dsc02823_512

Dsc01990_512

Dsc02038_512

クルーで大変だったのは、食事、トイレ、睡眠が全く不規則だったことです。また、機材選定や体調管理もすべてライダー主導だったので、常に受け身になってしまい、効率的機能的な運営とは言えなかったかもしれません。目標は少なくともライダーのストレスを最小限化すること。だとすると、心拍体温を常に計測して強制的に休憩睡眠や食事をとらせたり、道路環境や風向きに応じて特定機材を強制的に使用させたほうがよかったのか。まあ今回はライダーの自由意思に任せる運営スタイルでしたので、他チームと違った手作り感が(思い出としては)よかったと思います。
番外編
カルフォルニア、アリゾナ、コロラドやカンザスは景色が楽しい。ミシシッピー側を超えると正直飽きてきて、見慣れたアパラチア山脈にかかると、おなじようなカーブとアップダウンが連続してもう助けて!になります。
それでも、一般的な観光では通らないような小さく美しい村々を堪能できたのはよかった。

Dsc024122_512_2

Dsc02455_512

Dsc02449_512

Dsc02877_512

Dsc03266_512

もちろん、各国のライダーやクルーと会話し、互いを励ましながら何千キロも旅するのは貴重な経験でした。カルフォルニアから遠く離れたミシシッピー川で何台もたむろしていたり。
夜間の砂漠なのにナバホ族ぽいひとに「ヘッドライトを消せ」と叱られたり、大雨で待機していた農村のおじさんから「出ていけ」と怒鳴られたりしたエピソードもありますが、あちこちで地元の人が横断幕や料理を用意して歓待してくれて、ほっこりしたことも多かったです。

Dsc02928_512

Dsc03427_512

Dsc04277_512

Dsc03304_512

» 続きを読む

2018年7月 9日 (月)

ポトマック川のフェリーに乗ってみた

この週末は最高気温28度と比較的涼しめなので、100km超を走ってみようと。 朝7時半ころは気温14度しかなくて寒かったです。みんな教会に行っている時間なので道はすいています。いつもの単調なアップダウ...

» 続きを読む

2018年7月 2日 (月)

猛暑のポトマック丘陵サイクリング

自転車で1時間くらいのところならさっさと自転車で行っちゃえ!っていう主義の私ですが、先週のRAAMにクルーとして参加して、クルマは猛天候時の避難所に使えるんだと知りました。炎天下の砂漠や雷雨の大草原で...

» 続きを読む

2018年5月19日 (土)

大雨の "DC BIKE RIDE"

3月くらいに申し込んだ DC Bike Ride。 首都の中心部を閉鎖して自転車で20mileつまり32km走れるというイベント。 もともとサイクルイベントがあまり好きでないのですが、米国で何もせずに...

» 続きを読む

2018年4月22日 (日)

渋峠の雪の壁と千曲川下り

今日は「旅情の会」で湯田中温泉に集合です。

2018年4月20日金曜日に草津白根道路が開業したので、快晴の21日土曜日にさっそく登ることにしました。(翌22日早朝に浅間山が噴火したので再封鎖されました)

一日目 (輪行)軽井沢駅→草津温泉→渋峠→湯田中温泉(泊)

二日目 湯田中温泉→栄村→十日町(輪行)

さて、今回は両日とも無風の快晴。けど、時差も解消せず、結局一睡もできないまま自宅を出たのでした。

Dsc04360_512

中軽井沢駅近くのセブンで補給してから群馬県の北軽井沢へ。実は9年前に軽井沢駅から湯田中温泉駅まで全く同じ道を走ったので、だいたいの補給場所は抑えているのです。

Dsc04374_512

北軽井沢駅から北上ルートは爽快な下りですが、振り向いて浅間山を撮ることを忘れてはいけません。

Dsc04382_512

一番つらいのは大津セブンイレブンから草津温泉の道の駅まで。10%が続くえげつない道です。暑いと死ねます。

今回は都合でリュックサックを背負って走ったのですが、いろいろ入れて20kgくらいになってしまい、腰と肩が痛くてつらかったです。

道の駅では\500プレミアムソフトクリーム投下。

Dsc04392_512

さて白根山を登り始めます。今年1月の噴火でロープウェイが破壊され運休していますね。今日は体調も悪くてここから何度も足を着いてしまいました。

Dsc04397_512

ときどき下界を眺めると気持ちいいです。

Dsc04419_512

なんだかんだでどうにか白根山レストハウス。開通翌日なのに雪は少ないです。

Dsc04427_512

駐車場もこんな感じです。右奥の展望台まで歩いていけます(翌日閉鎖)。

Dsc04432_512

Dsc04434_512

白根山から山田峠を経て渋峠までの傾斜も結構きつくないですか?

Dsc04438_512

中央分水嶺。ちょっと感動しそうになりましたけど、軽井沢の碓氷峠も中央分水嶺だし、この稿2枚目の写真も中央分水嶺ですよ。。

Dsc04440_512

Dsc04442_512

有名な渋峠の雪の壁。これでも例年の半分くらいの高さだそうです。

Dsc04445_512

雪の壁を上から見るとこんな感じです。車の見学客は上の駐車場に停めて徒歩で降りていきます。

Dsc04455_512

Dsc04457_512

今回の国道最高地点はよく晴れていました。前回は霧で何も見えませんでした。

Dsc04461_512

Dsc04473_512

渋峠から湯田中までの30kmの下りは、スノーシェルターの凍結注意です。スキー場が開いているのに道路には雪は全くありませんでしたけどね。あと今回はリュックを背負っているので、ブレーキバランスが難しかったです。ロードバイクに荷物はやはり危険かもしれませんね。

投宿した温泉は桃山建築が美しい温泉でした。撮影禁止なのでお宿のウェブから借用いたしました。

Hs_cpp

Dsc04486_512

二日目。

みんなバラバラルートの旅情班ですが、今日はナガさんと一緒に千曲川を下ることにしました。

Dsc04494_512

Dsc04497_512

途中で少し丘に登って絶景を楽しんだりしちゃう。

Dsc04529_512

Dsc04540_512

Dsc04552_512

飯山駅を過ぎたら国道を離れ、県道95と408をのんびり流します。

この谷間の絶景こそ長野の醍醐味です。

Dsc04566_512

Dsc04571_512

車も少ない山間の道を縫っていきます。

Dsc04588_512

Dsc04596_512

Dsc04610_512

栄村を過ぎて新潟から国道に戻ります。

Dsc04628_512

津南から左岸の道を進むナガさん、高速で追うかずみさん。

このあたりはツールド妻有で何度も来たことのある道です。

アップダウンに泣かされますが絶景に癒されます。

Dsc04647

ミオンなかさと入口の看板。ひょっとして常設なのかしら?

Dsc04652_512

気温も25度を過ぎ暑くなってきたので、蕎麦屋の2階で風に冷やされながら「へぎそば」をいただきました。

Dsc04654_512

この薬味は何と言ったっけ?

Dsc04658_512

蕎麦アイスもいただきました。

Dsc04659_512

十日町駅近くの温泉\600で汗を流し、館内でビールをじゃんじゃん飲んで輪行で買えることにしました。

Dsc04663_512

今回の旅情の会、2日ともよく晴れてsun素敵な長野の景色を楽しむことができました。企画のひよっこさん、そして集まってくれた皆さん、どうもありがとうございました。素敵なニッポンの思い出ができました(o^-^o)

» 続きを読む

«ポトマック川の氷は融けましたが

無料ブログはココログ